2017年02月20日

ジュースのストローを利用した調味料入れを作るライフハック

2年ほど前に流行ったストローを使用した密封容器。
家にストローが無かったので考えついたのがジュースのストローを使う方法。
↓伸縮する機能を利用し、繰り返し使える容器にしてみました。
ライフハック:ストローで繰り返し使える容器を作る!
1702_Juice_.jpg

蓋の開け閉めができます。
ハイキング用に塩などをちょっと持つ時に便利です。
作り方はAkimamaに書いています。
↓動画はこちら
posted by morikatu at 20:28| 東京 ☔| 登山小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンプルなナイフシャープニングシステム。適度な高さの台があればOK


どうして今まで考えなかったんだろう?
ナイフを台の上に載せて、シャープナーを斜めに当てるだけ!
原理はクランプ式シャープナーと同じ、普通に研げそうです。
最初は板に貼ったサンドペーパーで
↓仕上げで使っているのはこれ
EZELAP イージー ラップ ダイヤモンドストーン
1702_NITECORE3_.jpg

posted by morikatu at 14:48| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SOG:ファイアースターター・シャープナー(20グラムのナイフシャープナー)

1604_sogfire_.jpg
ダイヤモンドシャープナー・セラミックシャープナー・メタルマッチの3機能が1つになった男心をくすぐるSOGのシャープナー。重さは20グラムほど
ダイヤモンド部分はよっぽどの事が無いとナイフにつかいませんが、爪やすりとしても使えます。
セラミック部分は最初は荒かったですが、使っていると程よい感じになってきました。
メタルマッチ部分はもったいなくて未だに使えず。
関連記事
VICTORINOX:デュアル・ナイフシャープナー
Spyderco社のトライアングルシャープナーで砥ぐ動画
LEATHERMAN:SIGNALはシャープナー付き
↓アキママに軽量シャープナー決定戦の記事があり
ダイヤ?サファイヤ?それとも石!? 軽量シャープナーの決定版はどれだ
posted by morikatu at 12:38| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NITECOREのショルダーバッグ「NUP10」

NITECORE社がなぜかEDCショルダーバッグを出していたので購入してみました。
1702_NITECORE_.jpg
フロントのデザインが良いので、あまり気になりませんが
各所のパーツや素材は安物感があり。
やっぱりMaxpeditionはよく出来てる。
1702_NITECORE2_.jpg
内部もエラスティックバンドのオーガナイザーになっていますが
ここの作り込みもやっぱりMaxpeditionはよく出来てる。
と言っても、良く持ち歩いているので良いバッグです。
関連記事
Maxpedition:アーバンウォレット・マイクロ・ミニポケット・ファッティ
EDC Pocket Dump ポケットの中身(Hiking) 2016年3月
Maxpedition:Mini Pocket Organizer
NITECORE:チタニウムホイッスル NWS10
NITECORE:F1とT360
NITECORE:T360(45ルーメン)


posted by morikatu at 09:35| 東京 ☀| EDC・キーホルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ファイヤーボックスオーブンセット

1702_fireboxoven_.jpg
FIREBOXにピッタリのオーブンセットが発売!
最近流行りのパンを焼いたりできます。
↓輸入元のスティーブさんが実際に使って見せてます。
posted by morikatu at 15:31| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

PEAKSはウルトラライト特集


新しいPEAKSが発売!
特集はウルトラライトとの事です。
BE-PALも出て道具特集らしい。
posted by morikatu at 09:06| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ISUKA:Air 280

1702_isukaair_.jpg
寝袋はずっ〜と他に移ること無くイスカを使っています。
イスカはずっ〜と同じ表記で、買い替え時も迷わなくて済む。
春から秋までこのエア280。冬はエア630。
真夏は洗えるように2千円の化繊寝袋を使っています。
関連記事 エア280を使った時の装備リスト
北アルプス 唐松岳 テント泊の装備
槍ヶ岳 2泊3日テント泊装備
雲取山 10月中旬テント泊装備リスト
05年富士吉田から富士川まで3泊4日の装備
キャンプサイクリングの装備リスト

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:12| 東京 ☁| 寝袋:マット:シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

岡山でアウトドアイベント開催『Westside Outdoor Festival』4月1日2日

岡山県でアウトドアイベントが開催されます!
4月1日(土)と2日(日)
『Westside Outdoor Festival』
1702_OKAYAMA_.jpg

場所はたしか北房ダム湖の周辺。
今現在決まっているだけで出店は
1702_OKAYAMA2_.jpg
隣県のみなさまも4月1日は予定を空けていたほうが良さそうです。
ゲストやアーティストも
1702_OKAYAMA3_.jpg
ゲスト枠で登場予定。
ワークショップもなにかやろうと思っています。
↓チケット販売はまだですが、始まったらまた紹介します。
http://www.westsideoutdoor.info
↓フェイスブック
https://www.facebook.com/westsideoutdoor/
posted by morikatu at 14:08| 東京 ☀| アウトドアイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STANLEY:SSフラスコ 0.14L

寒い冬にはウィスキー
1504STAsuki.jpg
小田原のソトソトデイズがオープンした時に買ったのがこのフラスコ
ステンレスにホーロー
重さは90gで容量は148ml
隣がいつも使っていたガラスのミニボトルで容量は50ml
1504STAsuki2.jpg
蓋も失くならないようになってます。
四角い形で後ろポケットには入れにくいですが、入れて歩かないので問題なしです。

sotosotodays.gif
posted by morikatu at 09:16| 東京 🌁| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

火吹きホースを改良「チタン製ストローとシリコンチューブ」

1702_hifuki_.jpg
ウッドストーブの酸素供給用に購入したチタン製ストロー
ストローだけでも十分ですが、のんびりする時用にシリコンチューブを購入。
つなぎ合わせるだけで、長い火起こしホースになります。
1702_hifuki2_.jpg
チタン製ですので、このまま薪をいじっても大丈夫なハズ。
ストローとホースで合計19グラム。
もちろんストローとしても使えます。
関連記事
火起こしホースの元祖 Campfire Dragon
チタン製のストロー
posted by morikatu at 13:33| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接点復活剤がとても使える。

1511setten.jpg
2年ほど前に初めて買ってから、毎月何かに塗ってるのがこの接点復活剤。
電話充電の接点不良。
デジカメ充電池の接点不良。
エネループ等充電池の接点不良。
最近はフラッシュライトのテールスイッチ不良にも効いた。
1702_setten_.jpg
買ったばかりなのに接点不良になってしまったLUMINTOPのペンライト
分解して色々とやっては見たものの、点いたり点かなかったりを繰り返す。
諦めて、接点復活剤を大量に流し込んで放置したら治りました。
もうだめかと思った物が色々と復活して便利!
SDカードにもよく塗りますが、レトロゲームにも良いらしい。

posted by morikatu at 11:24| 東京 ☀| ハンドライト・フラッシュライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詳細地図に丹沢の2万5千分の1バージョン登場。

1702_tanzawa_.jpg
ウラヤマ好きには宝の地図「詳細地図シリーズ」の丹沢エリアに
2万5千分の1バージョンが新登場しました。
今までは1万6千5百分の1で、見やすいが大きすぎたので丁度良い感じ。
花粉が終わったら、ある山岳ホラー本で出てきたエリアに行ってみたいと思ってます。

posted by morikatu at 08:45| 東京 ☀| コンパス・地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルストーンの新作:MS-B1+(リチャージャブル ヘッドランプ)

1702_yamakei3_.jpg
マイルストーンのUSB充電可能なヘッドランプ。
最近、山に行くとみんな持ってるモバイルバッテリーから充電できるので
山に行く車内や、キャンプなら昼間や就寝中に、その場で充電が可能!
これで面倒なヘッドランプの電池管理とはおさらばです
しかも価格も抑えめの6,800円(+税)
1610_msbone2_.jpg
電池ボックスを開いても、電池は無くUSBしかありません。
空きスペースには、仕様を忘れないようにルーメンや使用可能時間などを書き込んでいます。
点けると常に100ルーメンのエコノミーモードで6時間。
個人的にはもうちょっと暗くて良いので8時間にしてほしかった。8時間ときくと安心できる。
最高で250ルーメン。赤LEDと白色LEDもあり。
サブボタンを押すと最初に赤LEDが点きます。
ただしサブボタンがメインボタンと同じ大きさなのでどっちか迷う。
実際に使ってみると
1610_msbone3_.jpg
光り方は電球色で暖かく、ムラも少なくて全然問題なし。
気になる点は、ベルトパーツがイマイチ。
もうちょっと暗めカラーだったら個人的には良かった。
レンズが前に出ているので傷つきやすい点。
それ以外は、充電式でこの価格で電球色でまずまず。
↓オフィシャルサイト。パソコン接続でも充電できます。
1610_msbone4_.jpg

posted by morikatu at 00:07| 東京 ☀| ヘッドランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする