2017年08月12日

Maxpedition:マイクロポケットに火起こしセット

1708_microPocketfire_.jpg
マックスペディションのマイクロポケットにセットした火起こしセット。
普段は持たずにウッドストーブを使う時用。
2017年8月現在の中身は
1708_microPocketfire2_.jpg
ライブファイヤーはやっぱり便利で残したまま。
2015年の時はこんな中身でした。
Maxpedition:Micro Pocket OUTDOOR FIRE KIT

1708_mountainproduct_.jpg   PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 12:36| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ウッドストーブの灰は空き缶で持って帰る。

この前イベントで聞かれたので
小さなウッドストーブを使っても若干灰が残ってしまいます。
灰は、小さな空き缶を持っていき、入れて持って帰ってます。
1706_gomi5_.jpg
まだ赤くても入れて軽く蓋を閉めれば、すぐに消えます。
触って冷たくなったらバックパックに詰め、持って帰ってます。
缶を忘れたときはアルミホイルに包んで持って帰ってます。
関連記事
「SOTO テトラ」の詳細(Akimama)
Emberlit:FireAnt
Emberlit UL Titaniumストーブ
Tschum(チャン)のファイヤーボールローインパクト
posted by morikatu at 19:53| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

TOPS Knifesのウッドストーブ

TOPS Knivesもウッドストーブを出してました。
1705_topsStove_.jpg
しかも結構前から、売っていたようです。
今回のウッドストーブ・ハンモック人気はKnife好き発信がかなり大きい。
TOPS Knivesは炭素鋼を使ったフィックスブレードメイン。
サバイバルとブッシュクラフトを合わせたような無骨なナイフが多い。
ヘンテコなナイフも多くFDX66というナイフを持ってますが、どうやっても使い難い。
最近はC.U.B.ってナイフが気になってます。
posted by morikatu at 08:54| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

Tschum(チャン)のファイヤーボールローインパクト(ドイツ製の焚き火台)

ドイツ製の分厚いステンレスプレートを組み合わせて様々な形に組める焚火台
↓こちらは標準の6枚組。広い感じで使えます。
1705_tHammock3_.jpg
プレート1枚310グラムとかなり分厚いステンレスを使ってます。
底板が無いので、いろいろな形に組めます。
↓こちらは5枚を使用した5角形
1701_fireb_.jpg
5枚だとバラすとこの位のサイズです。
1701_fireb2_.jpg
薄いですが、ステンレスが分厚いので重いです。
↓こちらは三枚使用。
1611_firebowl2_.jpg
三枚だとウッドストーブ風に使えます。
※焼きを入れて馴染ませないと最初は3枚に組むのは大変とのこと。家でやろうとしましたが無理でした。
基本は上広がりの焚き火台。
下に穴が少ないので炭でやるのが感じが良さそうだと思いました。

↓小田原のソトソトデイズでも販売中のようです。
ユニークな焚き火台がやってきました
1701_fireb3_.jpg
posted by morikatu at 10:09| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

BBQグリルマット(ガラス繊維にテフロンコーティング)

1704_bbqmat_.jpg
TEST中なのが、下に敷いている黒いマット。
BBQで焼きそばを作る時に便利な厚手のアルミホイルの代わりになるもの
素材はテフロンコーティングされたガラス繊維で、しなやかで丈夫。
ウッドストーブやガスストーブの下に敷いたり、燃えカスを包んで持って買えることもできる。
今のところ、問題はテフロンなのでちょっと滑ることくらい。

posted by morikatu at 16:23| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

LIVEFIRE(着火剤)がとても便利!

1704_solboze4_.jpg
フリスクケースのような缶に入ったデザインが優秀でとても使いやすいLIVEFIRE(着火剤)
Emberlitと相性が良く、毎回使っていますがかなり長持ちします。
使う時のポイントは最初に毛羽立たせる事。
薪も横着しないで、割り箸の半分サイズくらいに割いたものを使う事。

↓A&Fオンラインストアで1620円。パラコードタイプもあり!
posted by morikatu at 01:12| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

ファイヤースターターは、マグネシウムなのかフェロセリウム?

メタルマッチを「マグネシウム」と勘違いしている人が多い。
U.S.軍スタイルメタルマッチは、「マグネシウム」部分が大半を占めているので仕方ない。
1704_magne2_.jpg
上の黒く細い部分が「フェロセリウム」で
下の銀色部分が「マグネシウム」
使い方は、マグネシウムを大量に削り、その上にフェロセリウムで火花を飛ばすと
マグネシウムが反応し、強烈に熱を発して燃えます。
1704_magne_.jpg
今メジャーのスウェーデン軍スタイルは、「フェロセリウム」だけでできています。
燃え上がる「マグネシウム」が無いのでコツが必要ですが、慣れるとシンプル。
個人的には薪に直接はせず、綿などを使うため、ライトマイファイヤーのフェロセリウムが一番使いやすい。他のフェロセリウムとは意外と違います。ストーブに使うことが多いハイカーなら、小さな動作で火花が出るライトマイファイヤーがちょっと高いですが一番だと思う。
薪に直接火を付けるような使い方は、大きければ大きいほど良い。
最近は怪物のような物も販売しています。

posted by morikatu at 07:07| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

オガワキャンパル:ちびストーブ3

1703_tibistove_.jpg
流行りの薪ストーブ、これは昔からある「ちびストーブ3」
他の薪ストーブと違うところは炭をおこしやすい。
1703_tibistove2_.jpg
薪を入れて、ロストルを置いて炭を入れる。
ロストルが新機能のようです。
↓詳細はオフィシャル
http://www.store-campal.co.jp/SHOP/4115.html
posted by morikatu at 08:59| 東京 ☔| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

ペトロマックスの「ファイヤーキット」

1702_bot2_.jpg
お試しで貰ってまだ使っていないペトロマックスの「ファイヤーキット」
試さなきゃなぁ〜と思っていたらBE-PALで動画まで紹介していました。
【焚き火動画】ペトロマックスの新作『ファイヤーキット』で火おこししてみた。
じわじわと長い間燃えるようです。
posted by morikatu at 14:34| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

ウッドストーブでスウェーディッシュ・トーチ


丸太を割って中で焚き火をするスウェーディッシュ・トーチを
ウッドストーブの中で小さくやるテクニック。
ちょっとやってみたくなる動画です。

↓以前紹介しましたが、この縦に詰め込む方法は、小さいウッドストーブと相性が良いです。
Emberlit:FireAntにあった薪の組み方。

posted by morikatu at 08:55| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ファイヤーボックスオーブンセット

1702_fireboxoven_.jpg
FIREBOXにピッタリのオーブンセットが発売!
最近流行りのパンを焼いたりできます。
↓輸入元のスティーブさんが実際に使って見せてます。
posted by morikatu at 15:31| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

火吹きホースを改良「チタン製ストローとシリコンチューブ」

1702_hifuki_.jpg
ウッドストーブの酸素供給用に購入したチタン製ストロー
ストローだけでも十分ですが、のんびりする時用にシリコンチューブを購入。
つなぎ合わせるだけで、長い火起こしホースになります。
1702_hifuki2_.jpg
チタン製ですので、このまま薪をいじっても大丈夫なハズ。
ストローとホースで合計19グラム。
もちろんストローとしても使えます。
関連記事
火起こしホースの元祖 Campfire Dragon
チタン製のストロー
posted by morikatu at 13:33| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

ポータブル チャコールグリルも最近人気

ウッドストーブも楽しいが、やっぱりチャコールの方が煙くなく便利だろうと、ポータブルタイプが増えている。ステンレス製でまだ若干重いが、少人数で良い食材でミニBBQなんか楽しそう。
まずはエスビットストーブと全く同じ構造のチャコールグリルXS(BBQ100)
1702_tyako_.jpg

キャリーバッグやチャコールバッグも付いて重さは1450g。持てなくはない。
エスビットストーブと同じ機構なのが素敵な商品。
続いてはキャンドルランタンで有名なUCOのFlatpack Portable Grill & FirePit
1702_tyako2_.jpg

こちらも1450g。短いがオリジナル動画もあり

足があるのでこちらの方が若干使い勝手は良さそうだ。
家に豆炭あんか用の炭がたくさんあるのでチャコールグリルを狙っています。
関連記事
UCOのはNEUTRAL OUTDOOR:クロスファイヤスタンドととっても似ている。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 08:56| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ごついウッドストーブ「Mummert KnivesのPHOENIX」

1702_Phoenix_.jpg
ショットショウ動画で見つけたMummert Knivesのチタンウッドストーブ
特徴は上が狭く、ゴトクが外にはみ出してる。
底板と5枚の側面板だけで完成です。
↓この動画の4分35秒あたりから紹介しています。
https://youtu.be/_j0C71DwqRI?t=4m35s
関連記事
今一番使っているウッドストーブは、Emberlit:FireAnt
少し大きなEmberlit UL Titaniumストーブ
もうすぐ発売のSOTO ミニ焚き火台
イベントで撮影した「様々なウッドストーブ」
焚火台ですがLowInpactの「ファイヤーボウル」(ドイツ製の焚き火台)
posted by morikatu at 09:07| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

チタン製のストロー

1702_TITANstraw_.jpg
中国からチタン製のストローを購入!
重さはたったの7グラム。
もちろん中空です。
1702_TITANstraw2_.jpg
単体でも火吹き棒として使えます。
ピッタリのシリコンホースを探してきたので、延長してもっと使いやすい
火吹き棒+火吹きホースとして使えるように改造しました。
もちろんストローとしても使えます。
1702_TITANstraw3_.jpg
同じメーカーのチタン製箸と較べてみました。

posted by morikatu at 08:52| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

zippo お前もか? メタルマッチ発売とアックスソウ


ジッポーもサバイバルマッチやメタルマッチを発売!
メタルマッチブームですな〜
これは前からあったらしいですが、斧とノコギリの一体型「4-In-1 Woodsman」
1701_duct3_.jpg
ノコギリは柄の部分に収納できそうです。
ちょっとしたキャンプには便利そう。
ショットショーは楽しいな。
posted by morikatu at 15:35| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

制作費200円! 携帯性も耐水性も高い着火剤を作る

Akimamaに制作費200円。必要なものはコットンとロウソクだけの
↓着火剤の作り方記事を投稿しました。
【やってみた】制作費200円! 携帯性も耐水性も高い着火剤を作ってみた
1701_gefive3_.jpg


コットンなので携帯しやすいケースに合わせて作ることが可能です。
例えばアルミの名刺ケースやリップクリームの中になど
キーホルダーの中に作ってキャンプ道具に取り付けておけば、使いたい時に手元にあります。

1111sotoban.jpg   sotosotodays.gif
posted by morikatu at 00:02| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

LIXADA:ウッドストーブ(二千円)

現在Amazonで1900円のウッドストーブ。
1612_linda_.jpg
ステンレス製で大きく重くずっしりとしています。
8インチフライパンもしっかりと乗って調理も普通にできる大きさ。
キャンプでちょっとした焚き火調理用には十分の性能です。
形はEmberlitのコピーのようですが、一回り大きいです。
1601_linda_.jpg
重さは500グラム弱。
関連記事
Low Inpactの「ファイヤーボウル」
Emberlit UL Titaniumストーブ

posted by morikatu at 08:49| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

Emberlit:FireAntにあった薪の組み方。

一人分のコーヒーを入れるのに丁度良いウッドストーブのEmberlit:FireAntですが
手のひらサイズと小さく薪の追加が忙しい!
最初に短い薪を詰め込むとほったらかしで長い時間燃えます。
1612_makitu_.jpg
ノコギリがあるのなら握りこぶし分の長さでカットしてから割ると良い長さ。
詰め込んで、上でほぐした麻ヒモで小さく火を起こすと良い感じで下に燃えていきます。
1612_makitu2_.jpg
最初は若干煙が多いものの、最後はこんな感じで熾状態になります。
以前紹介したGIポットの凹みから薪を投入も組み合わせると
この小ささでも面倒なく湯沸かしができるようになりました。
1612_gipot_.jpg

posted by morikatu at 15:52| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

MSR ポットリフターはウッドストーブの必需品になってます。

一時期は荷物を減らそうとバンダナにした時期もありましたが
やっぱりMSRのポットリフターが小さく軽く便利という事に落ち着きました。
1611_msrpot_.jpg
こないだの男前キャンプでずっと使っていた道具(これとチタン製の箸
チマチマとした火しか焚かないのでこんな道具でだいたいのことは可能。
MSRのポットリフターは、小さいので大きな鍋には不安定過ぎますが
Klean Kanteenなどの小さな口でもしっかりと掴めます。
1602_msrrift2_.jpg

posted by morikatu at 11:31| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする