2015年03月19日

SOG:Flash1(アシスト付きのミニナイフ)

1603_sog_.jpg
今年急に、バックパックカッコイイマルチツールを発表したSOG社の
全長6インチで重さは34gと軽い定番ミニナイフ
小さく軽いですが、アシスト付き。
詳細は分かりませんが日本製で鋼材はAUS8らしい
ライナーは無し、軽いので僕のオピネル的なナイフです。
1506sogfrasy.jpg
セレーション部分で芯ホルダーの芯を削ってます。
posted by morikatu at 06:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

日本・スイス「道具、ナイフ教育」意識・実態調査結果

2014年10月の調査です。
ビクトリノックス、「道具の日(10月9日)」に先立ち、日本初となる日本・スイス「道具、ナイフ教育」意識・実態調査結果を発表
最近、ナイフと火の情報が多かったのはコレの影響です。
ナイフや火を使うイベントを見てると「え!」って事に遭遇する。
調査を見ると、子供に教えたい気持ちはあるが、親が使えない。
スイスでは「責任を育む為にナイフを教える」ってのがツボ!

映画「127時間」でもナイフは非常に重要な道具として登場する。
やっぱり道具の基本です。

posted by morikatu at 07:43| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

OPINEL(オピネル):ナンバー8 ステンレス

1606_ajisai4_.jpg
オピネルの8ステンレスの皮紐付きバージョン。
ほとんど包丁として使っています。
ただしハンドルが木なので水分が多いと動きが悪くなるのが難点…。
先端を落としドロップポイントにしています。
いつも使っている全長6.5インチのCRKT:drifterとくらべてみました。
1511opineleigth2.jpg
オピネル8でもボクにはけっこう大きめ。

↓ハイキングではこんな風にナイフを使っています。
袋開けがほとんどで、たまに木を削りペグや蜘蛛の巣払い棒を作ったり
テントサイトの整地や焚付け作るくらい。OPINELは食材用。


posted by morikatu at 06:28| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

Ultimate Survival:セイバーカットレーザーソウ

1403stresercut1.jpg
12gのカミソリと鉄も切れるノコギリ
鉛筆買った時は、いつもこのノコギリで半分に切って使ってます。
ノコギリはあると何かと使えます。
普段はエマージェンシーキットの中に入れ、意外と長く愛用中。

posted by morikatu at 01:24| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

LEATHERMAN:サイドキック(入門モデル)

1508Sidekick.jpg
LEATHERMANの入門モデルの「サイドキック」でしたが価格が上がり現在1万円
ハサミが欲しい人は「ウィングマン」が人気。
プライヤーにはスプリングが入ってます。全体的に動きは渋め。
作りは「シグナル」の方が数段上で、使っていて楽しい。
1508Sidekick2.jpg
ブレードは比べているナイフも小型のポケットナイフだけど、それよりも小さいです。
ナイフメインにはちょっと心もとない感じ。
1508Sidekick3.jpg
プライヤー部分も山ではあると便利だけど、無くても良いかなぁ〜とも思います。
ボクの場合はやっぱりナイフがメインなのでコレ持つならちょっとごついナイフにする。
よく使うゴツイZT 0620CFで178g、もちろんナイフのみ
コレは198gでマルチツール、でもボクはナイフかな
1703_sidekick_.jpg
使っていると自分に必要な要素が分かってくるのでファーストマルチツールとしてはオススメ
買った時は5千円でした。
関連記事
軽くて必要十分、LEATHERMAN:スケルツールCX(カーボンモデル)
サバイバル仕様のLEATHERMAN シグナル
普段はこのマルチツールVICTORINOX:ファーマー
料理ハイキングの時はこのマルチツールVICTORINOXレンジャーウッド55

posted by morikatu at 06:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

Spyderco:ドラゴンフライ(VG-10)

1703_dragonfly_.jpg
刃渡り2インチの小さなナイフ。
家でカッターとして、山では袋開けナイフとして使ってます。
米スパイダルコ社のナイフですが、製造は日本の刃物の町関。
ブレード鋼材は何種類かありますが、これはVG-10を使い、ハンドルもFRNを使った定番モデル。ブレードやハンドル素材が変わると価格が変わる。
1703_dragonfly2_.jpg
デリカのさらに小さくしたモデルで、デザインも美しい。
サイズ比較するとこんな感じです。
1507Spydercosize.jpg
小さいですがそこそこの価格。
小さすぎて見失うため、オレンジハンドルにすればよかったと後悔中。

posted by morikatu at 08:41| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

Zero Tolerance:0550

1512zt0550hind.jpg
サムスタッドがブレードストッパーを兼ねて、開いた時のデザインがすっきりしている。
ブレードとハンドルのバランスも美しい・・・
同じヒンダラーデザインのKershaw:Cryoと似ています。
しかもロシアンハードユーズのシゴキにも耐えた
手持ちのフォールディングナイフの中で一番タフなモデル。
個人的には1位2位を争うくらい好きなナイフです。
ただし173gと重め。ちなみにオピネル 8が48g
1603_zt0550_.jpg
ブレード鋼材はS35VN鋼。極肉厚のチタンフレームです。
現在は廃盤。
ロシアンハードユーズ動画はこちら
posted by morikatu at 15:26| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

ナイフを砥ぐ(シャープニング)

天気が悪くて外に行けず・・・
家で使っているナイフ(包丁)を砥ぐ道具はこちら
1511sharp.jpg
大したものは切らないので、砥石は持ってません。
大きく砥ぐ時は上のランスキーのクランプ式シャープナー
ナイフをクランプに固定して細長い砥石を動かして研ぎます。
誰でも簡単に一定のアングルに研ぐことができますが、設定が若干面倒。
普段のタッチアップには、白いセラミックシャープナーで済ませる。
千円もしないアイテムですが、紙がスパスパ切れるくらいにはなります。
鉛筆を削るように、力を入れずにロッドの上で刃を動かすと研げる。
顕微鏡で見ると刃先にノコギリ刃を付けるらしい、なので横スライドはNG。
セラミックシャープナーの携帯版がVICTORINOX
あまりこだわっていないシャープナーばかりです。
Amazonを見ているとランスキーのターンボックスなる製品を発見しました。
しかも安い。作りはSpydercoのシャープメーカーのパクリ?

動画を見るとわかるのですが、台にロッドを立てて上から切るだけ!
ダイヤモンドとセラミックロッドが付いて1,900円だったので注文しました。
ミディアムロッドのみでした。動画のはデラックスタイプらしい。

posted by morikatu at 09:27| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

Mora knife(モーラ・ナイフ):Companion

家で薪作りの時にしか使っていませんが、定番のモーラナイフのコンパニオン
1409knifemora.jpg
安くて適当に使えるのが良い!
スカンジグラインドで切れ味も抜群です。
ラバーグリップで持ちやすい、LIGHT MY FIREとコラボしてるのもこのメーカーです。
薪はMONORAL:小割銀鉈で割ってモーラ・ナイフで小細工して山に持って行ってます。
海外でこんな素敵なシースを発見!
1505mora.jpg
Grizzly Outdoors
のモーラナイフ用カスタムネックナイフシース
アメリカでも定番で、軽いのでネックナイフとして使っている人を良く見る。

2千円ほどで買いました。色々なモデルがあります。
posted by morikatu at 01:33| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

PETZL:スパサナイフ L

1305PETZLknife2.jpg
カラビナホールのあるナイフ、ロック機構は無い。
ハンドルはプラスチック製で軽い、重心はかなり前です。
もしも用にケイビング時に持って行ってましたが、草刈りくらいにしか使っていません。
このマジックマウンテンの小型ナイフに変えました。
1305PETZLknife1.jpg
↓最新型はロック機構があるらしい。
1503LadyBUG3.jpg
posted by morikatu at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

Cold Steel:Recon 1 Tanto

1504COLDSTEEL.jpg
トライアドロックという独自のタフなロック機構のフォールディングナイフ
タフさを売りにしているナイフでYouTubeを検索すると
ハンマーで殴ったり、コインに穴を開けたり、銃で撃ったりされている。
トライアドロックは解除がとても固いので普通の用途には向かない
完全に薪割りもできるナイフとして使ってます。
板状の物なら古雑誌の上で突き刺しひねるだけで割ることができるので
都内のワンルームでも部屋でウッドストーブ用の薪が静かに作れます。
全長は9.5インチほどでボクには完全に手に余す大きさ
ボクには6.5インチと8.5インチのナイフが使いやすい。
CRKT Drifterは6.5インチ
posted by morikatu at 17:31| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

マジックマウンテンの小型ナイフ

1303magmnig1.jpg
秀山荘のオンボロ市で見つけたこのナイフ(500円だったかな)
コンパクトで研ぎ直し切れ味抜群です。
ケイビング用のタックルバッグに付けっぱなしのケイビング専用です。

同じミニナイフの関連記事
山で一番良く使うのがUltimate Survival:セイバーカットレーザーソウ
テント泊の時はポケットに入れっぱなし。
小さくても良く切れるのがSPYDERCO(スパイダルコ):レディバグ(VG-10)
posted by morikatu at 12:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

Ontario(オンタリオ):RAT1

次の週末、テント禁止、燃料禁止、インスタント禁止、のキャンプに呼ばれています。
メインとなる道具はやはりナイフ、フィックスブレードにするか
奇をてらってポケットナイフにしようかとも考えましたが
普通にフルサイズのオンタリオのラットワンに決めました。
1510ratone.jpg
全長8.5インチ、ブレードは3.5インチ
鋼材は台湾のAUS8、コールドスティールでもよく使われていて、そこそこ強く研ぎやすい。
安いのでラフに使うハイカーなどに多いイメージ
日本のSHOPで買っても4千円台です。
1510ratone2.jpg
RATはランドール・アドベンチャー・トレーニングの略
安いので刃が欠けても気にならない
形状も無難で使いやすく、ゴムっぽい滑らないハンドルも特徴です。
一回り小さいRAT2もあり、長年欲しいのですが、あっても使わないしなぁ〜

posted by morikatu at 16:10| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

SPYDERCO:Persistence(パーシスタンス)

1509pasisu.jpg
スパイダルコでは珍しい中国生産シリーズの
自分の手に丁度良い6.5〜7インチサイズのポケットナイフ
楽天では5千円を切っていいますが、フラットグラインドで作りも良い。
1509pasisu2.jpg
両面G10(ガラス繊維樹脂)ハンドルのライナーロック
両面ステンレスライナー入りで剛性もあり
安心して小割りの薪なども作れます。
1509pasisu3.jpg
下は元々持っていた同じシリーズのアンビシャス
パーシスタンスはアンビシャスより1インチ大きくなって、よりナイフっぽいルックスです。


posted by morikatu at 11:14| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

ナイフのシャープナー

小学生の頃、親の砥石で上手く研げたことがなかったので
シャープナーオンリーの研ぎには拘らないアメリカンスタイルです。
1507sharpner.jpg
左のビクトリノックスは家の包丁用で台所に置いてます。
次の革ケースに入っているのがスパイダルコの波刃専用ダイヤモンドシャープナー
その次の白い棒が一番使っている小さなセラミックロッドです。
粗さが丁度良くナイフのタッチアップに一番良く使ってます。
ただし、もろく落とすと割れてしまう。
一番右の赤いのが最近Bozemanで買ったランスキーのV字
V字は角度が決まっているからあまり好きでは無いけど雑用はコレで良いかなと思い購入
1507sharpner2.jpg
大きく砥ぐ時は同じランスキーのクランプ式シャープナーを使ってます。
誰でも一定角度で研げる優れもの。
しかし日本人は研ぎ好きですよね、サムライDNAでしょうか

posted by morikatu at 17:37| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

GERBER:DIME 小さなマルチツールの真っ黒バージョン


GERBERのマルチツールDIME
このサイズですとLEATHERMANが有名ですが、DIMEを選びました。
選んだポイントはいつものそのまま使える栓抜き
コレは良く出来ていて開けやすい。
プライヤーを出す時に栓抜き部分を持って引っ張ればさくっと開きます。
あとポイント部分を落としたような形状のナイフブレード
先を使うような時の為にパッケージカッターも別に付いています。
ボディーにロゴのプリントが3箇所あり
英字はパッケージカッター・マークはナイフと覚えられるのが良い。
1506nitecore5.jpg
GERBERといえばこのMoment Folderがカッコイイ
日本のショップで3千円しない。写真写りが良いだけかなぁ〜
8インチオーバーのフルサイズです。
↓YouTubeの動画一覧
1506knifesize2.jpg
小田原のsotosotodaysでも販売中。
アマゾンレビューを見るとハサミの評判が悪い、当たり外れがあるかも知れません。
ヤスリは元々使わないのでどうでも良いですが、レビューの通りにただの板です。
メタルマッチのストライカーくらいにしか使えない。
posted by morikatu at 09:31| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

VICTORINOX:デュアル・ナイフシャープナー

1108victtatiup1.jpg
VICTORINOXですがドイツ製のシャープナー
シャープニングロッドの荒さが個人的には丁度良く、良く使っています。
家でナイフを使っていてちょっと切れ味が落ちた時に当てるだけで復活。
1108victtatiup2.jpg
キャップ部分には、あまり使いませんが、セラミックのV字もあり
ペン型で持ち運べるシャープナーです。

posted by morikatu at 07:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

VICTORINOX:ポケットパル

1108poketpal1.jpg
22グラムのナイフ
機能は大小2つのナイフのみ
1108poketpal2.jpg
多機能だと重いし
ナイフが無いと料理で困る。

↓いまならスーベニアがお買い得!
posted by morikatu at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

VICTORINOX:スーベニア AL(アルミボディ)

1503vic.jpg
数年前のアウトドアデイジャパン 東京で激安で購入!
今年は4月9日10日。同日程でオフ・ザ・グリッドも開催
アルミボディで超薄型。内容は大小のナイフのみで、重さは41g
軽いので、サブナイフとして火起こしセットに入れっぱなしにしています。
1603_VICTORINOXs_.jpg
小ナイフで、メタルマッチを削り。大ナイフは、細工用。
最近はVICTORINOX カデットを買って出番が減ってます。

posted by morikatu at 10:53| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

OPINELのナイフ(オピネル)

1101opinel1.jpg
フランスの肥後守 山の定番アイテム
山での使い勝手は?ですが軽い
Wiki見るとフォールディングナイフの原型
ニューヨーク近代美術館の収蔵品にもなってるとのことです。
1101opinel2.jpg
↑ブレードのロックも出来ます。

↓ケースつき
posted by morikatu at 06:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする