2015年11月15日

Tent-Mark:CampHolic Knife(キャンプホリックナイフ)

1511garvy2.jpg
水道橋のアウトドアコンセプトのカフェ「BASE CAMP」とTent-Markのコラボナイフ。
料理人がデザインしているのでナイフ+ナタ+料理包丁風
形状はキッチンナイフですが、刃物の町関市製で鋼材は440C
グラインドはコンベックスグラインド
1505basecampk2.jpg
コンベックスは和包丁・斧によく使われているふっくらした断面でタフな形状
研ぎの加工が難しく、安物ナイフにはない形状です。
このグラインドを採用していることでナタとしても包丁としても使えるナイフになってるらしい
1505basecampk3.jpg
鋼材は440Cだし、刃厚は4mmのコンベックスなので、ラフに使っても平気です。
ブレード根本にフィンガーチョイルもあり、握りやすく細かい作業もできます。
Tent-Markは包丁ケースやナタなど刃物系も多い
↓オフィシャルサイト、現在は売り切れ中っぽい。
http://www.tent-mark.com/camp_holick_knife/

posted by morikatu at 10:54| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ナイフなどのギアのランヤードに丁度良い綺麗で簡単なノット

パラコード初心者でも簡単で、綺麗なノットを見つけました。
スネークノットと言うのかな?
2色になっているのは溶かして繋ぎあわせてるだけです。
1504VARGOWhistle3.jpg
ナイフやノコギリなどランヤードホールやリングがあるものに簡単に作ることが出来ます。
↓この動画を参考にしました。
posted by morikatu at 09:54| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

DPx:HEST/F Urban

ずっと買おうか悩んでるナイフDPx社のHESTに
全長6.5インチのUrbanモデルが登場
1511DPXHAST.jpg
キックスターターですが一般にも売るのかな?
サイズもデザインもドンピシャ!
流行りのボールベアリング内蔵でチタンハンドル
ただポケットクリップのH・E・S・Tのレーザーが要らない。
現在販売中のミルスペックモデルはこのレーザーが無くてかっこいいですが全長8インチ
山でしか使わないし、8インチでも良いかな・・・
posted by morikatu at 18:44| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

VICTORINOX クラシック・リミテッドエディション 2015

なんかデザインが素敵です。
1508kagisatu2.jpg
一般公募で選ばれたイラストのクラシック(小さいやつ)
ちょっとコレクション用に欲しい気もする。
昔は使ってましたが、今は軽犯罪になるので最近はまったく使わず・・・
家だと普通サイズが使いやすいし
画像クリックで他のデザイン合わせて10点を見ることができます。

posted by morikatu at 12:14| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

Benchmade:Mini Griptilian

1507minigrip.jpg
ベンチメイドのミニグリップテリアン、Made in USAでちょっと高い&ちょっと雑
グリップがプラスチック製でイマイチ
独自のアクシスロックで開け閉めがメチャ楽で使いやすいナイフです。
1507minigrip2.jpg
アメリカのナイフ好きの人気投票すればベスト5に入るんじゃないかな?
それくらい人気のナイフです。
映画『キック・アス』でヒット・ガールが欲しがっていたのはベンチメイドのバタフライナイフ

※2016年モデルからは、グリップがG10素材になるようです。


posted by morikatu at 10:44| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

Spyderco:アンビシャス(オススメのナイフ)

ド定番で面白く無いですが、やっぱりスパイダルコは使いやすい!
ブレードの穴はグローブをしていても開きやすいし、日本でも買いやすい
低価格シリーズのアンビシャス・パーシスタンス・テネイシャスはどれも評判が良い!

ボクが使っているのは一番小さい全長6インチのアンビシャス
一般的にはテネイシャス(7.5インチ)が一番人気
僕の手に合いそうなのはパーシスタンス(6.5インチ)
1507Spydercosize.jpg
サイズはジェントルマンフォルダで人気のドラゴンフライとほぼ同じで小さい。
違うのは刃厚があり、ハンドル部分にステンレスライナーが入っていて
頑丈なアウトドアナイフだということ、薪作りも平気です。
1505ambisusd2.jpg
中国製で8Cr13Movステンレスですが、フラットグラインドで切れ味が良い
背の部分でFIRESTEELもバッチリ飛ばせます。
おすすめの折り畳みナイフを聞かれたらアンビシャスかパーシスタンスを薦めています。

関連記事
↓Spyderco:Para Military2
http://morikatu.seesaa.net/article/419631236.html
↓もっと小さなSPYDERCO:レディバグ
http://morikatu.seesaa.net/article/415750514.html

posted by morikatu at 05:38| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

KERSHAW(カーショウ):シャッフル2

欲しかったKershawのShuffle Uを購入!
1507Kershawshuffle.jpg
アメリカの展示会(ショットショウ)で見て一目惚れ
全長6.5インチの手の平サイズのEDCナイフ
最大の特徴はグリップエンドに栓抜きが付いてます!(思ったより使い難かった)
家のテーブルに置いて、栓抜き&雑用ナイフとして使ってます。
グリップはとても薄いですがステンライナーも入っているので強度もある。
ちょっと残念なのがセンタリングがイマイチなのと
分解しようとするがネジ穴が2箇所潰れて分解不可。
安いから仕方ないか・・・日本のナイフショップで2600円でした。
※ KERSHAWは貝印なのでブレードにKAIマークが入ってます。

posted by morikatu at 10:17| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

ハイキングナイフのサイズ選び

A&Fハイキングイベントを担当することになって「やっぱA&Fといえばナイフだよなぁ〜」と思い、アウトドアナイフは得意じゃないけどナイフ紹介を入れると意外と参加者の評判が良い。
他のイベントでもナイフ紹介を入れるとやはり評判が良い。
話を聞いてみると野外でナイフは重要なアイテムだという認識はあるが
何をどこで買って良いのか情報が全くないらしい。
オピネルも何番を買って良いのか分からないとの事。
サイズは得意なのでよく使うナイフをサイズごとに並べてみました。
1506knifesize.jpg
上から8インチオーバー、だいたい8.5インチ(216ミリ)
フォールディングナイフの標準的大きさで、大体の事は出来ますが
ハイキングにはデカイし、重量もソコソコあります。
作業多めで余裕がある時オンリー(ほとんどコレクション用)
6.5インチ(165ミリ)がボクのハイキングナイフ。
ボクの手の大きさだと指4本でグリップできる最小サイズ。
ハンドルに余裕がほしい時は7インチを持って行ったりしています。
一番下の2本が6インチ(152ミリ)
このサイズになると3本指グリップ、作業はしない時や荷物を軽くしたい時に選んでます。
↓こんな風に使ってます、


アウトドアナイフじゃなくて写真のように今風ナイフが好き
日本には情報が少ないので、海外のYouTubeで情報は集めてます。
ちょうどBLADE SHOW 2015の情報が上がってきている最中
LionSTEELとspydercoの新作が良いなぁ〜
↓この方なんかは趣味が似てる。
posted by morikatu at 11:11| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

Victorinox:ペティーナイフ(宴会登山用)

1012vicnight1.jpg
軽くて良く切れるアウトドア向きです。
誰でも見てナイフと分かるので安全、色も注意を惹く色を選んでいます。
早速色々な物を切ってみました。
1012vicnight2.jpg
フランスパンもサクッとです。
大きさはこのくらい、ハンドル形状はもちやすい。
1012vicnight3.jpg
ビクトリノックスからパーリングナイフケースが出てました。
ポリプロピレン製でこちらも軽量。
1312vicnaife1.jpg
ペティーナイフを入れる時は先端を補強しないと突き破ります。
東急ハンズで革の端材を買ってきて補強しました。

posted by morikatu at 05:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

モーラナイフ用のカスタムシース

こんなの見つけました。
1505mora.jpg
Grizzly Outdoors
のモーラナイフ用カスタムネックナイフシース
メタルマッチやLEDライトが装着されてます。
カイデックスのiPhoneケースなどを探している時に発見!
iPhoneケースはありませんでしたが、ALTOIDSのシース拡張パーツなんてありました。
↓bicライターのカイデックスケースでも作ろうかな・・・
https://www.youtube.com/watch?v=5Hg5is0zS18
posted by morikatu at 03:31| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

ナイフの選び方(自己流)

週末も山でナイフを使う機会があり、やはり相談されました。
イベントでも「オピネル買いたいがどれを買っていいのか分からない」等
情報があまりにないらしい、たしかに最近見た記憶が無い。
自己流の家やハイキングで役に立つナイフの選び方です。
といっても、昔教えてもらった事のうろ覚え情報
1504Knifeerabi.jpg
簡単です。全長は手の平の大きさ
僕の場合は6.5インチ
1504Knifeerabi2.jpg
ブレードの長さは人差し指に合わせる。
僕の場合は2.8インチ ※ナイフはインチ表記が多いのでインチで覚えてます。
1504Knifeerabi3.jpg
すると大きくもなく小さすぎることもない、なにかと使いやすいナイフ
この大きさだと周りに不安感を与えることもない。
アメリカだとEDCナイフやポケットナイフと呼ばれる類
家では机の上に置いていて、お菓子の袋を開けるのが一番の用途です。
調味料の袋や宅急便などの開封などもこのサイズが使いやすい。
家で使ってると山で不注意で怪我することも減る。
山での用途も家とほぼ同じ、宅急便の代わりに食材を切るくらい。
いざとなったら小さい木くらいは割ることができる。
↓CRKTのドリフターも全長は同じ、ブレードがちょっと長い
https://www.youtube.com/watch?v=ET5cVgW4Hz4
ブレード形状とかも色々とあるようですが、見た目で買ってます。
posted by morikatu at 09:22| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

SOG:Flash1(アシスト付きのミニナイフ)

1603_sog_.jpg
今年急に、バックパックカッコイイマルチツールを発表したSOG社の
全長6インチで重さは34gと軽い定番ミニナイフ
小さく軽いですが、アシスト付き。
詳細は分かりませんが日本製で鋼材はAUS8らしい
ライナーは無し、軽いので僕のオピネル的なナイフです。
1506sogfrasy.jpg
セレーション部分で芯ホルダーの芯を削ってます。
posted by morikatu at 06:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

日本・スイス「道具、ナイフ教育」意識・実態調査結果

2014年10月の調査です。
ビクトリノックス、「道具の日(10月9日)」に先立ち、日本初となる日本・スイス「道具、ナイフ教育」意識・実態調査結果を発表
最近、ナイフと火の情報が多かったのはコレの影響です。
ナイフや火を使うイベントを見てると「え!」って事に遭遇する。
調査を見ると、子供に教えたい気持ちはあるが、親が使えない。
スイスでは「責任を育む為にナイフを教える」ってのがツボ!

映画「127時間」でもナイフは非常に重要な道具として登場する。
やっぱり道具の基本です。

posted by morikatu at 07:43| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

OPINEL(オピネル):ナンバー8 ステンレス

1606_ajisai4_.jpg
オピネルの8ステンレスの皮紐付きバージョン。
ほとんど包丁として使っています。
ただしハンドルが木なので水分が多いと動きが悪くなるのが難点…。
先端を落としドロップポイントにしています。
いつも使っている全長6.5インチのCRKT:drifterとくらべてみました。
1511opineleigth2.jpg
オピネル8でもボクにはけっこう大きめ。

↓ハイキングではこんな風にナイフを使っています。
袋開けがほとんどで、たまに木を削りペグや蜘蛛の巣払い棒を作ったり
テントサイトの整地や焚付け作るくらい。OPINELは食材用。


posted by morikatu at 06:28| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

Ultimate Survival:セイバーカットレーザーソウ

1403stresercut1.jpg
12gのカミソリと鉄も切れるノコギリ
鉛筆買った時は、いつもこのノコギリで半分に切って使ってます。
ノコギリはあると何かと使えます。
普段はエマージェンシーキットの中に入れ、意外と長く愛用中。

posted by morikatu at 01:24| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

LEATHERMAN:サイドキック(入門モデル)

1508Sidekick.jpg
LEATHERMANの入門モデルの「サイドキック」でしたが価格が上がり現在1万円
ハサミが欲しい人は「ウィングマン」が人気。
プライヤーにはスプリングが入ってます。全体的に動きは渋め。
作りは「シグナル」の方が数段上で、使っていて楽しい。
1508Sidekick2.jpg
ブレードは比べているナイフも小型のポケットナイフだけど、それよりも小さいです。
ナイフメインにはちょっと心もとない感じ。
1508Sidekick3.jpg
プライヤー部分も山ではあると便利だけど、無くても良いかなぁ〜とも思います。
ボクの場合はやっぱりナイフがメインなのでコレ持つならちょっとごついナイフにする。
よく使うゴツイZT 0620CFで178g、もちろんナイフのみ
コレは198gでマルチツール、でもボクはナイフかな
1703_sidekick_.jpg
使っていると自分に必要な要素が分かってくるのでファーストマルチツールとしてはオススメ
買った時は5千円でした。
関連記事
軽くて必要十分、LEATHERMAN:スケルツールCX(カーボンモデル)
サバイバル仕様のLEATHERMAN シグナル
普段はこのマルチツールVICTORINOX:ファーマー
料理ハイキングの時はこのマルチツールVICTORINOXレンジャーウッド55

posted by morikatu at 06:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

Spyderco:ドラゴンフライ(VG-10)

1703_dragonfly_.jpg
刃渡り2インチの小さなナイフ。
家でカッターとして、山では袋開けナイフとして使ってます。
米スパイダルコ社のナイフですが、製造は日本の刃物の町関。
ブレード鋼材は何種類かありますが、これはVG-10を使い、ハンドルもFRNを使った定番モデル。ブレードやハンドル素材が変わると価格が変わる。
1703_dragonfly2_.jpg
デリカのさらに小さくしたモデルで、デザインも美しい。
サイズ比較するとこんな感じです。
1507Spydercosize.jpg
小さいですがそこそこの価格。
小さすぎて見失うため、オレンジハンドルにすればよかったと後悔中。

posted by morikatu at 08:41| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

Zero Tolerance:0550

1512zt0550hind.jpg
サムスタッドがブレードストッパーを兼ねて、開いた時のデザインがすっきりしている。
ブレードとハンドルのバランスも美しい・・・
同じヒンダラーデザインのKershaw:Cryoと似ています。
しかもロシアンハードユーズのシゴキにも耐えた
手持ちのフォールディングナイフの中で一番タフなモデル。
個人的には1位2位を争うくらい好きなナイフです。
ただし173gと重め。ちなみにオピネル 8が48g
1603_zt0550_.jpg
ブレード鋼材はS35VN鋼。極肉厚のチタンフレームです。
現在は廃盤。
ロシアンハードユーズ動画はこちら
posted by morikatu at 15:26| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

ナイフを砥ぐ(シャープニング)

天気が悪くて外に行けず・・・
家で使っているナイフ(包丁)を砥ぐ道具はこちら
1511sharp.jpg
大したものは切らないので、砥石は持ってません。
大きく砥ぐ時は上のランスキーのクランプ式シャープナー
ナイフをクランプに固定して細長い砥石を動かして研ぎます。
誰でも簡単に一定のアングルに研ぐことができますが、設定が若干面倒。
普段のタッチアップには、白いセラミックシャープナーで済ませる。
千円もしないアイテムですが、紙がスパスパ切れるくらいにはなります。
鉛筆を削るように、力を入れずにロッドの上で刃を動かすと研げる。
顕微鏡で見ると刃先にノコギリ刃を付けるらしい、なので横スライドはNG。
セラミックシャープナーの携帯版がVICTORINOX
あまりこだわっていないシャープナーばかりです。
Amazonを見ているとランスキーのターンボックスなる製品を発見しました。
しかも安い。作りはSpydercoのシャープメーカーのパクリ?

動画を見るとわかるのですが、台にロッドを立てて上から切るだけ!
ダイヤモンドとセラミックロッドが付いて1,900円だったので注文しました。
ミディアムロッドのみでした。動画のはデラックスタイプらしい。

posted by morikatu at 09:27| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

Mora knife(モーラ・ナイフ):Companion

家で薪作りの時にしか使っていませんが、定番のモーラナイフのコンパニオン
1409knifemora.jpg
安くて適当に使えるのが良い!
スカンジグラインドで切れ味も抜群です。
ラバーグリップで持ちやすい、LIGHT MY FIREとコラボしてるのもこのメーカーです。
薪はMONORAL:小割銀鉈で割ってモーラ・ナイフで小細工して山に持って行ってます。
海外でこんな素敵なシースを発見!
1505mora.jpg
Grizzly Outdoors
のモーラナイフ用カスタムネックナイフシース
アメリカでも定番で、軽いのでネックナイフとして使っている人を良く見る。

2千円ほどで買いました。色々なモデルがあります。
posted by morikatu at 01:33| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする