2016年05月14日

お気に入りのハイキングポケットナイフ5本


5千円以下のお気に入りナイフ紹介の再生数が多いので、価格に関係ないバージョンを。
価格が上がると、デザインが良いモデルと、ハードユーズナイフが増えます。
基本、探検やBBQやキャンプなど汚れる時にはあまり持って行かないナイフ。
洞窟や山狩り探検の時は古い物か安物。BBQやキャンプはフィックスや包丁。
杉薪だったら割りますが、ナラ薪はZTやコールドスチールに任せます。

紹介しているモデルは
Benchmade:Mini Griptilian
Spyderco:Lil LionSpy
Zero Tolerance:0808(Todd Rexfordデザインフリッパー)
ZeroTolerance:0620CF(EMERSON Design)
posted by morikatu at 23:56| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

5千円以下のオススメハイキング用折りたたみナイフ 5本+2

最近ハイキング用のおすすめナイフを聞かれるのでこんな動画を作ってみました。
ハイキングですので、袋開け、食材カット、ウッドストーブ用の焚付作り程度
5千円以下でソコソコ丈夫ですので、汚れそうな探検時によく持ちます。

5位、OntarioのRAT1(142g)
5位にしたのは全長8.5インチと大きいからです。使い勝手はかなり良い。
安いのでアメリカだとハイカーが雑用に持っているイメージ。
先日買ったCold Steel:Finn Wolfとどっちが良いだろうかって感じ。
4位、KershawのShuffle2(87g)
まぁ〜今日は使わないだろうって時に持って行きます。
お茶屋で瓶ビール買って、おつまみ作りなどにも最適。
3位、Kershaw:Cryo G10(リック・ヒンダラーデザイン)(110g)
サイズ感はベスト雑用ナイフ。ただステンレスのフレームロックで若干重い。
本来はアシストが入っていますが、外しています。2位のドリフターと被る感じ。
2位、CRKT:Drifter(ステンレス)(93g)
このブログで何度も出てくるナイフ。小さくて薄いので邪魔にならない。
サイズ感は3位のクライオとだいたい同じ。↓このように山でナイフを使ってます。

あまり使わないのですが、オススメを聞かれたらコレ!
1位、SPYDERCO:Persistence(パーシスタンス)(103g)
理由は楽天などで安く買え、Spydercoで品質、使い勝手に問題がない優等生だから。
ハンドルはG10、解除しやすいライナーロック。
フルフラットグラインドで、背はエッジが立っているのでメタルマッチも擦れます。
あまり使わないのは、優等生過ぎるから・・・。

何度か撮り直し、おまけのほうが解説が長くなってます。
おまけで、CRKT:リオンマー#5(スリップジョイント)
家用で一番良く使っているナイフ。ペットボトル解体・ダンボール解体用
GERBER:コントラスト(108g)
デザインも悪くない。当たり固体を引けば問題なし
薄くて軽めのナイフです。

A&Fオンラインストア

posted by morikatu at 07:33| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

Baladeo: 'PAPAGAYO', SKINNY

1604_bara_.jpg
オフ・ザ・グリッドでこのナイフも見てきました。
40gのBaladeoらしいナイフ。
薄く軽くオシャレなので、OPINELの代わりにちょうど良さそうな感じです。
ライナーロック式なので安心して使えるし、どうみても掃除も楽。
OPINELやVICTORINOXでは、仕舞う前に刃を拭かないとダメですが
掃除が楽なナイフだと、とりあえず仕舞えるので安全です。
↓Moonlight Gear
1604_bara2_.jpg
Moonlight Gearと一緒にSOLA TITANIUMGEARが出てましたが
あっという間に完売したみたいです。
1604_bara3_.jpg
posted by morikatu at 13:33| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

VICTORINOXをセラミックロッドシャープナーで砥ぐ


前回、Spydercoのトライアングルシャープナーで砥ぎましたが
今回はAmazonで650円で購入できるセラミックロッドシャープナーを使用しました。
若干荒い。使っていくとマイルドになっていきますし、最初は紙やすりで表面を整えました。
こんな簡単な砥ぎ(タッチアップ)でも、やるとやらないとでは、大違い。
紹介し忘れていますが、VICTORINOXのシャープナーもなかなか良い刃が付きます。

↑トライアングルシャープナーを使った動画はコチラ

posted by morikatu at 09:06| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

Cold Steel:Finn Wolf(折りたたみのスカンジグラインド)

1604_finnwolf_.jpg
どうせ注文するならついでに・・・と、魔物にやられてまた買ってしまったのがこの
コールドスティールのフィンウルフ。
全長8インチ。ブレードは3.5インチで思ったよりも小さく、扱いやすい。
1604_finnwolf2_.jpg
ブレードは、最近Moraで人気のスカンジグラインドでまっ平ら
鋼材は日本製のAUS8らしい。
AUS8は何本か持ってますが、安くてウッドストーブの焚付作るくらいだったら刃持ちも良い
男前キャンプに持って行ったナイフは2本ともAUS8。
1604_finnwolf3_.jpg
ティップ部分もかなり太く、突き刺してこじる使い方が多いので、安心感がある。
まったく期待して無かったグラインドラインも綺麗だし、意外と満足してます。
1604_finnwolf4_.jpg
やっぱり硬いトライアドロックは、これくらい押さないとロック解除ができません。
参考にしているアメリカのコレクターの人なんてスプリングを削ってるくらい、硬い。
山に行った時に果物切ったりと使いましたが、
いつもは使ってはしまいますが、出しっぱなしにしました。
やっぱりキャンプやBBQ用だな
1604_finnwolf5_.jpg
思ったよりも綺麗だったので満足です。
↓内容が無いですが、練習で動画を作ってみました。
 週末は火の使える場所てテストしてきます。
posted by morikatu at 17:11| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ZeroTolerance 0450(チタン製85g)

1603_zt450titan_.jpg
2015年のZTは、今までのゴツイ路線から一転、コンパクトモデルを多く出した。
ロシアのデザイナーを起用したこのモデルは、とてもスリムで超軽量。
ブレード鋼材はS35VN鋼。ハンドルはチタンで85g!
ボールベアリング内蔵フリッパーでフレームロック。
1603_zt450titan3_.jpg
ハイキングに持って行ってもまったく邪魔にならないモデル。
ハードユーズには向かないが、ブレードの遊びも無く、かなりしっかりとした作りです。
2016年のZTは、デカイのばかりですが、このモデルのカーボン版を出します。


sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 06:45| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

Bokerのスイスアーミーナイフ Tech-Toolsシリーズ

ドイツのBokerがスイスアーミーナイフを出しているなんて知らなかった。
しかも、かゆい所に手が届く良いモデル。
1603_boker_.jpg
ハンドルがG10。ポケットクリップ付き!
ナイフメーカーが作ったスイスアーミーナイフ感がある。
↓モデルも色々と展開中
https://www.boker.de/us/pocket-knife/boker-plus/tech-tools.html
シティは黒ハンドル。アウトドアは緑ハンドル。新しくカーボンも出た模様。
ちょっと厚めですが、さすがBoker。仕上げが綺麗です。
↓この動画で知りました。
posted by morikatu at 08:58| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

CRKT:リオンマー#5(スリップジョイント)

1603_crktmar_.jpg
全長6.5インチのリオンマーデザインの小型のフォールディングナイフ
変わっているのは、ロックは無くスリップジョイント
スリップジョイントは、VICTORINOXのナイフなどのバネのテンションで半ロックが掛かる機構
しかも、このナイフはテンションが緩いので片手でオープン・クローズができます。
雑用にピッタリ!ですが、気をつけないと危ない。
ブレードが幅広で厚いので、ハンドルよりもブレードを持つことで安全に使えます。
家のテーブルナイフです。
1603_crktmar2_.jpg
ハンドルの仕上げが恐ろしく雑。
自分で角を丸めて、使いやすくしました。
すぐに廃盤になり、後継種がJourneyer


posted by morikatu at 08:31| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

CRKT:Tighe Tac Two(ブライアン・タイ デザイン)

1605_CRKTti_.jpg
目当ての物が売り切れで、思わず購入したナイフ。気になってはいた。
ほとんど同じデザインのカスタムナイフがあり、それを低コストで生産したモデル。
樹脂ハンドルに中国の安い鋼材で、動きは若干イマイチですが、使いやすい。
ハンドルの内側に薄いステンレスライナーは入ってはいる。
1605_CRKTti2_.jpg
ボタンロックでワンハンドでクローズできる、アメリアではEDCナイフと呼ばれるモノ。
ハードな使い方には向きませんが、軽い雑用ナイフです。
↓一般的にはコチラのブレード形状が使いやすいと思う。
↓ブレードHQの説明動画
posted by morikatu at 03:36| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

SPYDERCO:レディバグ(VG-10)

1603_ladybug_.jpg
折りたたむと10円玉2個分程度の19gのミニナイフ
これならアウトドアショップでまだ売ってる。ハイカーズデポでも売ってました。
こんなに小さいのに機能はちゃんとスパイダルコしています。
ブレードの穴を使いで片手でオープン、慣れると片手でクローズもできます。
1503LadyBUG.jpg
グリップはザイテル(樹脂)オンリーでステンレスライナーなどは無い。
ロックバック方式で安心して使えます。
ボクが買ったのは普通の鋼材VG-10。研ぎやすく、メンテナンスしやすい鋼材。
他にもサビに強いH-1、超硬のZDP189などあり。
家で工作する時は、カッター代わりに良く使ってます。
ちょっとした作業に先端が使いやすい。ただし小さいのに高いです。
↓オススメのパーシスタンスの方が安い。
関連記事
オススメのSpydercoはSPYDERCO:Persistence(パーシスタンス)

posted by morikatu at 07:05| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

VICTORINOX:キャンパー ブラック

1603_camper_.jpg
14機能あり、ラージブレード(大刃)・スモールブレード(小刃)・コルク抜き・せん抜き・カン切り・マイナスドライバー(小)3mm・せん抜き・マイナスドライバー(大)6mm・ワイヤーストリッパー・リーマー(穴あけ)・キーリング・ピンセット(毛抜き)・ツースピック・のこぎり・ソーイングアイ(糸穴)
コルク抜きと、たまにノコギリを家で使う程度。
74gとそんなに重くは無いのですが、使わない機能があると重く感じる。
ナイフボックスに埋もれています。
posted by morikatu at 08:57| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

a kimamaに現代的なフォールディングナイフについて書きました。

a kimamaに現代的なフォールディングナイフについて書きました。
チタン素材やカーボン。最近は表面処理などこだわったナイフが多数!
耐久性も高く、食材切りから焚付け作りまで。
↓今回は写真多めで2ページ
http://www.a-kimama.com/dougu/2016/03/40291/
1603_akifoni3_.jpg

前回のEDCは、かなり評判が良く
最近の記事では4位?になってます。
↓EDC(Everyday Carry)の記事
U.S.A.からやって来た! 全く新しい概念それは『EDC』
posted by morikatu at 07:26| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

ZeroTolerance:0620CF(EMERSON Design)

1603_zt0620_.jpg
Zero Toleranceとタクティカルで有名なエマーソンのコラボナイフ。
CFはカーボンファイバーの意味、ハンドルの表側はカーボン。
ブレード形状はタントー。仕上げはストーンウォッシュとサテンの2トーンで美しい。
1603_zt06202_.jpg
裏面は、シンプルなフレームロックで掃除しやすい。
肉厚のチタン製。ピボットやスペーサーもサイズが大きく丈夫なモデル。
重くてタクティカルデザインですが、意外と山では使いやすい。
タクティカルですが、どこかエレガント、さすがエマーソンです。
しかも、仕上げがZero Toleranceで精度が良い。
posted by morikatu at 12:14| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

VICTORINOX: カディットAL Limited Edition 2015 steel blue

さすがリミテッドエディション、綺麗です。
1602_cadet_.jpg
Cadet Aloxは、海外では定番のVICTORINOX
理由は、ブレード、栓抜き、缶切り、爪やすり、とシンプルで無駄のない機能と
機能が少ないぶん薄く、アルミハンドルの質感が良い点で人気。
1602_cadet2_.jpg
展示会で見て、買おうかと思っていたのにすっかり忘れ、慌てて探すが無い。
VICTORINOX直営店に行くが完売!
すると直営店の方が在庫を調べてくれてなんとか手に入れることができました。
濃い目のブルーで綺麗です。
1602_cadet3_.jpg
フルサイズのフォルダーと比べるとこんな感じ。畳んだ状態で手のひらサイズの約8cm。
リミテッドエディションは、クラシック、カディット、ソルジャーの3種類でした。
1602_cadet4_.jpg
↓思い出すきっかけのyoutube動画
EDC Pocket Dump January 2016 - Every Day Carry Spyderco, Victorinox, ZT, Zippo
posted by morikatu at 11:30| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VICTORINOX:ファーマー(ノコギリ付)

1605_farmer_.jpg
ノコギリが付いた、3レイヤーのファーマー
1段目、リーマーと大きめのナイフ
2段目、垂直刃のノコギリ
3段目、いつもの缶切りと栓抜き
一本だけ持つなら、何かと重宝する内容で、ウッドストーブケースに入れてます。
固くない木だったらウッドストーブ用の焚付作りに最適!
小さなノコギリですが、押しても切れるので力が込めやすく意外と使えます。
3段目が無ければ最高なのに!と思っていたら、こんなモデルがありました。
VICTORINOX PIONEER 7(日本未発売)

posted by morikatu at 08:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

新しいスイスアーミーナイフ? SWIZA:D03

youtubeでVICTORINOX調べていたら出てきました。
1602_sweza_.jpg
デザインがとても今風
ブレードを開くとロックがかかり、ロック解除は国旗部分。
ブレードを開いた姿も綺麗です。
オフィシャルサイト→SWIZA
↓D02(コルクオープナーの代わりにドライバー)の説明動画
posted by morikatu at 17:12| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

Zero Tolerance:0562(リック・ヒンダラーデザイン)

1602_zero0562hin_.jpg
Zero Toleranceとリック・ヒンダラーのコラボモデルの美しいスライサー。
ボールベアリング内臓のフリッパーです。
ブレードの突起はサムスタッドでは無く、実はブレードストッパー。
ハンドルはG10(カーボンモデルもあり)、フレームロックサイドはチタン製。
1602_zero0562hin2_.jpg
ZTの他のモデルと比較すると軽く、重さは160g。
全長は8.2インチです。
スライサーは調理がしやすく、料理を作る時などに山で使ってます。
今日も山でリンゴ。
リック・ヒンダラー関連記事
同じZT☓ヒンダラーのZero Tolerance:0550
Kershaw☓ヒンダラーのKershaw:Cryo G10
posted by morikatu at 18:24| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

SHOT Show 2016でのKershawナイフの新作

アメリカでSHOT Show 2016が開催中!
youtubeで色々と情報が上がってきました。
↓今期のZTはちょっと大きめばかり。
1601_Kershawshotshow3_.jpg
0450のカーボンファイバーモデルは気になるけど、チタンモデル持ってるしなぁ〜
ということでZTはパス
Kershawは、かなりツボで何本か気になるモデルがある。
一本だけ選ぶと、このショウタイム
1601_Kershawshotshow2_.jpg
デザイナーはTodd Rexford。良いデザインです。
サイズ感などは、The Late Boy Scoutの動画で見ることができます。

Todd Rexfordデザインのナイフは、ZT:0808を持っています。
posted by morikatu at 00:00| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

OPINELナイフをSpyderco社のトライアングルシャープナーで砥ぐ動画

ナイフ(包丁)を砥ぐことを難しく考えている人が多いので動画を撮影してみました。
自分の使用目的を考えるとこの程度の切れ味で十分

このシャープナーは、ナイフを垂直に下ろすだけでシャープニングすることができます。
普通のシャープニングロッドはナイフを斜めに固定しますが
トライアングルシャープナーはロッドを斜めに固定して、簡単に一定の角度が付くようになっています。
↓普通のシャープニングロッドでの研ぎ方

普段はセッティングすら要らないシャープニングロッドだけ
キレイに砥ぎ直したい時に、このスパイダルコ トライアングルシャープナー
刃こぼれや大きく研ぎ直したい時にランスキーシャープナーを使っています。
関連記事
OPINEL(オピネル):ナンバー8(ステンレス)
VICTORINOX:デュアル・ナイフシャープナー
posted by morikatu at 11:11| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

A&F:アクションフィールドナイフ

1601_actionfield_.jpg
廃盤ですが、プロデュースがA&F、デザインはラブレス、製作はMOKI、鋼材がATS-34
やっぱりいつもいじってる中国製ナイフとはだいぶ仕上げが違います。
ブレードは3インチでユーティリティ形状、ちょっとした作業に丁度良い。
ネイルマークオープンのロックバッグでポケットクリップ無し
いつも今風のナイフなのでたまに使うと昔に戻ったような気持ちになる。

↓ナイフニュース調査では、ネイルマークオープンはたった6%。
http://knifenews.com/knife-opening-mechanisms/
日本のアウトドアだと90%くらい行きそう。
しかもオープン方式はフリッパーが一番人気(日本だとフリッパーと言っても通じない)
A&Fオンラインストア

posted by morikatu at 20:57| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする