2016年02月09日

Zero Tolerance:0562(リック・ヒンダラーデザイン)

1602_zero0562hin_.jpg
Zero Toleranceとリック・ヒンダラーのコラボモデルの美しいスライサー。
ボールベアリング内臓のフリッパーです。
ブレードの突起はサムスタッドでは無く、実はブレードストッパー。
ハンドルはG10(カーボンモデルもあり)、フレームロックサイドはチタン製。
1602_zero0562hin2_.jpg
ZTの他のモデルと比較すると軽く、重さは160g。
全長は8.2インチです。
スライサーは調理がしやすく、料理を作る時などに山で使ってます。
今日も山でリンゴ。
リック・ヒンダラー関連記事
同じZT☓ヒンダラーのZero Tolerance:0550
Kershaw☓ヒンダラーのKershaw:Cryo G10
posted by morikatu at 18:24| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

SHOT Show 2016でのKershawナイフの新作

アメリカでSHOT Show 2016が開催中!
youtubeで色々と情報が上がってきました。
↓今期のZTはちょっと大きめばかり。
1601_Kershawshotshow3_.jpg
0450のカーボンファイバーモデルは気になるけど、チタンモデル持ってるしなぁ〜
ということでZTはパス
Kershawは、かなりツボで何本か気になるモデルがある。
一本だけ選ぶと、このショウタイム
1601_Kershawshotshow2_.jpg
デザイナーはTodd Rexford。良いデザインです。
サイズ感などは、The Late Boy Scoutの動画で見ることができます。

Todd Rexfordデザインのナイフは、ZT:0808を持っています。
posted by morikatu at 00:00| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

OPINELナイフをSpyderco社のトライアングルシャープナーで砥ぐ動画

ナイフ(包丁)を砥ぐことを難しく考えている人が多いので動画を撮影してみました。
自分の使用目的を考えるとこの程度の切れ味で十分

このシャープナーは、ナイフを垂直に下ろすだけでシャープニングすることができます。
普通のシャープニングロッドはナイフを斜めに固定しますが
トライアングルシャープナーはロッドを斜めに固定して、簡単に一定の角度が付くようになっています。
↓普通のシャープニングロッドでの研ぎ方

普段はセッティングすら要らないシャープニングロッドだけ
キレイに砥ぎ直したい時に、このスパイダルコ トライアングルシャープナー
刃こぼれや大きく研ぎ直したい時にランスキーシャープナーを使っています。
関連記事
OPINEL(オピネル):ナンバー8(ステンレス)
VICTORINOX:デュアル・ナイフシャープナー
posted by morikatu at 11:11| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

A&F:アクションフィールドナイフ

1601_actionfield_.jpg
廃盤ですが、プロデュースがA&F、デザインはラブレス、製作はMOKI、鋼材がATS-34
やっぱりいつもいじってる中国製ナイフとはだいぶ仕上げが違います。
ブレードは3インチでユーティリティ形状、ちょっとした作業に丁度良い。
ネイルマークオープンのロックバッグでポケットクリップ無し
いつも今風のナイフなのでたまに使うと昔に戻ったような気持ちになる。

↓ナイフニュース調査では、ネイルマークオープンはたった6%。
http://knifenews.com/knife-opening-mechanisms/
日本のアウトドアだと90%くらい行きそう。
しかもオープン方式はフリッパーが一番人気(日本だとフリッパーと言っても通じない)
A&Fオンラインストア

posted by morikatu at 20:57| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

アメリカの折りたたみナイフ事情

ナイフニュース調べのアメリカの折りたたみナイフに関するアンケート
1601_knifenews_.jpg
アンケート1は、ロックの種類でフレームロックが人気
アンケート2は、ハンドルの材質でG10が1番で2番がカーボン、3番がチタンの高級志向
アンケート3は、ランヤードを付けない人が多い
アンケート4は、価格で1万円から2万円くらいのが一番人気
アンケート5は、ティップアップキャリークリップがダントツ人気
アンケート6は、チョイルは要らない。

アメリカのアウトドア用品販売の大手REIのポケットナイフランキングを見ると
やっぱりBenchmadeが人気。
Benchmade:Mini Griptilianは、持っています。
posted by morikatu at 07:58| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

Spyderco:Para Military2

1505paramiri.jpg
アメリカのド定番ナイフ
全長が8インチちょいと大きめですが、ブレードは短く、グリップが長いので取り回しがしやすい
軽く様々な持ち方ができるのが特徴
フルフラットグラインドで、先端が全体的に薄く、リングの皮むきなども比較的上手くできる。
1505paramiri3.jpg
ギアジャンキーでハードユーズチョイスに選ばれただけの事はある。
最大の特徴はコンプレッションロックを採用していること
猫の首を摘むようにするとロック解除でき、非常に楽です。
価格や機能などちょっとナイフ好き向けですがとっても良いナイフです。
フィールドで気軽に使えるのも良い。
1505paramiri2.jpg
↓7月9日追加、ギアジャンキーにまたパラミリタリー2記事が上がってました。
Best ‘Do It All’ Pocket Knife
米ナイフセンターで2015年ベストEDCナイフにも選ばれてました。
posted by morikatu at 23:23| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

CRKT:G.S.D.(リオン・マーデザインのフリッパー)

A&Fのハイキングイベントを担当することになり
「A&Fと言ったらナイフと火だよなぁ〜」とイベントに取り入れるとなかなか好評
しかもナイフと火が、色々な雑誌で取り上げられ始める。
残念な事に流行りの北欧ナイフじゃなくて、ボクはアメリカンなフォルダー好き。
新発売のGSDを買ってしまった。
1603_gsd_.jpg
デザイナーはリオン・マー。製造がCRKT
ボールベアリング内臓のフリッパーナイフ。音がイマイチでシャキッとしない。
オールステンレス製で、軽くするために薄いが、それでもちょっと重い158g
ブレードも薄いためフリッパーも小さく、慣れないうちは指が痛い。
ホローグラインドが強く、なぜか使い勝手はイマイチ。
1512knifecrktgsd.jpg
ロックはフレームロック。ロックのかかりは、薄いからかイマイチ
このクリップがダメで、カッコいいが、ジーンズくらいの厚みが無いとクリップしない。
登山中は薄手のパンツが多いので心許ない。
ネジが潰れていたり、ちょっと製造が雑。
安いので雑に使う登山でメインになりそう。大きさは0808と同じ約7.5インチ
↓この動画でも使っています。
EmberlitのFireAntウッドストーブで湯沸かし
posted by morikatu at 11:52| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

Kershaw:Cryo G10(リック・ヒンダラーデザイン)

1512cryo.jpg
このCryoは、机の上に置きっぱなしでで、出番の多い使うナイフです。
ダンボールの解体やペットボトルのラベル剥がし等のゴミ出しに大活躍。
カッターのように紙を切ることも、調味料や袋開けも得意!
パンを切ったり、ジャムを塗ったりもこれ一本で行っています。
1602_CRYO_.jpg
ヒンダラーナイフは折りたたんだ姿も美しい!
本来はアシストモデルですが、指が痛くなるのでトーションバーは外してマニュアルオープンに改造
ロックも緩めて開け閉めが楽なナイフに調整しなおしています。
購入価格は3150円。
グリップは表が滑りにくいG10で裏がステンレスのフレームロック。
ブレードがストーンウォッシュ、指紋が付いても気にならないのでとても良い
1512cryo2.jpg
全長6.5インチのポケットナイフサイズ
ちなみにKershawはアメリカではメジャーナイフメーカーですが
日本の貝印傘下でブレードにはKAIのロゴ入ってます。
posted by morikatu at 18:59| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

山によく持っていくナイフTOP5

最近山に持っていくナイフTOP5です。
1511KNIFEhiking.jpg
1位(一番上)Zero Tolerance:0808
最近買ったチタンハンドルの美しいナイフ、美しすぎて袋開け専用。
2位 Zero Tolerance:0550 か 0620
基本小さいのばかりですが、たまには重りとして大きいのを持って行きます。
その昔、ロシアンハードテストでもびくともしなかったハードユーズナイフ
デザイナーはリック・ヒンダラー、Kershaw:クライオの大きいタイプ
なにげに一番使いやすいナイフでもある。しかし重い173g。
3位 CRKT:ドリフター
小さいナイフ、購入当時は2千円ほどの安物ですが使いやすい
4位 Spyderco:パーシスタンス
おすすめナイフを聞かれた時はこのナイフを紹介しています。
品質・価格・購入しやすさ・デザイン・使いやすさの全てが無難。
仕上げもよく、サイズもよく、フラットグラインドのG10ハンドル
アメリカでは、一回り大きい同シリーズのテネイシャスがド定番。
楽天で5千円ほどで購入可能。重さは103g
5位 Kershaw:Shuffle2
日本のショップでも2,600円ほどの安物、低山ハイキングだとこの程度で十分。
栓抜きが付いているのでお茶屋で瓶ビール買うときに持って行ってます。
1,2位のZero Toleranceとかは見栄です。
↓いつも紹介していますが、山でナイフをこんな感じで使ってます。

テント泊の時は細引き(ビニール紐)も良く切ります。
posted by morikatu at 01:47| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

Tent-Mark:CampHolic Knife(キャンプホリックナイフ)

1511garvy2.jpg
水道橋のアウトドアコンセプトのカフェ「BASE CAMP」とTent-Markのコラボナイフ。
料理人がデザインしているのでナイフ+ナタ+料理包丁風
形状はキッチンナイフですが、刃物の町関市製で鋼材は440C
グラインドはコンベックスグラインド
1505basecampk2.jpg
コンベックスは和包丁・斧によく使われているふっくらした断面でタフな形状
研ぎの加工が難しく、安物ナイフにはない形状です。
このグラインドを採用していることでナタとしても包丁としても使えるナイフになってるらしい
1505basecampk3.jpg
鋼材は440Cだし、刃厚は4mmのコンベックスなので、ラフに使っても平気です。
ブレード根本にフィンガーチョイルもあり、握りやすく細かい作業もできます。
Tent-Markは包丁ケースやナタなど刃物系も多い
↓オフィシャルサイト、現在は売り切れ中っぽい。
http://www.tent-mark.com/camp_holick_knife/

posted by morikatu at 10:54| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ナイフなどのギアのランヤードに丁度良い綺麗で簡単なノット

パラコード初心者でも簡単で、綺麗なノットを見つけました。
スネークノットと言うのかな?
2色になっているのは溶かして繋ぎあわせてるだけです。
1504VARGOWhistle3.jpg
ナイフやノコギリなどランヤードホールやリングがあるものに簡単に作ることが出来ます。
↓この動画を参考にしました。
posted by morikatu at 09:54| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

DPx:HEST/F Urban

ずっと買おうか悩んでるナイフDPx社のHESTに
全長6.5インチのUrbanモデルが登場
1511DPXHAST.jpg
キックスターターですが一般にも売るのかな?
サイズもデザインもドンピシャ!
流行りのボールベアリング内蔵でチタンハンドル
ただポケットクリップのH・E・S・Tのレーザーが要らない。
現在販売中のミルスペックモデルはこのレーザーが無くてかっこいいですが全長8インチ
山でしか使わないし、8インチでも良いかな・・・
posted by morikatu at 18:44| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

VICTORINOX クラシック・リミテッドエディション 2015

なんかデザインが素敵です。
1508kagisatu2.jpg
一般公募で選ばれたイラストのクラシック(小さいやつ)
ちょっとコレクション用に欲しい気もする。
昔は使ってましたが、今は軽犯罪になるので最近はまったく使わず・・・
家だと普通サイズが使いやすいし
画像クリックで他のデザイン合わせて10点を見ることができます。

posted by morikatu at 12:14| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

Benchmade:Mini Griptilian

1507minigrip.jpg
ベンチメイドのミニグリップテリアン、Made in USAでちょっと高い&ちょっと雑
グリップがプラスチック製でイマイチ
独自のアクシスロックで開け閉めがメチャ楽で使いやすいナイフです。
1507minigrip2.jpg
アメリカのナイフ好きの人気投票すればベスト5に入るんじゃないかな?
それくらい人気のナイフです。
映画『キック・アス』でヒット・ガールが欲しがっていたのはベンチメイドのバタフライナイフ

※2016年モデルからは、グリップがG10素材になるようです。


posted by morikatu at 10:44| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

Spyderco:アンビシャス(オススメのナイフ)

ド定番で面白く無いですが、やっぱりスパイダルコは使いやすい!
ブレードの穴はグローブをしていても開きやすいし、日本でも買いやすい
低価格シリーズのアンビシャス・パーシスタンス・テネイシャスはどれも評判が良い!

ボクが使っているのは一番小さい全長6インチのアンビシャス
一般的にはテネイシャス(7.5インチ)が一番人気
僕の手に合いそうなのはパーシスタンス(6.5インチ)
1507Spydercosize.jpg
サイズはジェントルマンフォルダで人気のドラゴンフライとほぼ同じで小さい。
違うのは刃厚があり、ハンドル部分にステンレスライナーが入っていて
頑丈なアウトドアナイフだということ、薪作りも平気です。
1505ambisusd2.jpg
中国製で8Cr13Movステンレスですが、フラットグラインドで切れ味が良い
背の部分でFIRESTEELもバッチリ飛ばせます。
おすすめの折り畳みナイフを聞かれたらアンビシャスかパーシスタンスを薦めています。

関連記事
↓Spyderco:Para Military2
http://morikatu.seesaa.net/article/419631236.html
↓もっと小さなSPYDERCO:レディバグ
http://morikatu.seesaa.net/article/415750514.html

posted by morikatu at 05:38| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

KERSHAW(カーショウ):シャッフル2

欲しかったKershawのShuffle Uを購入!
1507Kershawshuffle.jpg
アメリカの展示会(ショットショウ)で見て一目惚れ
全長6.5インチの手の平サイズのEDCナイフ
最大の特徴はグリップエンドに栓抜きが付いてます!(思ったより使い難かった)
家のテーブルに置いて、栓抜き&雑用ナイフとして使ってます。
グリップはとても薄いですがステンライナーも入っているので強度もある。
ちょっと残念なのがセンタリングがイマイチなのと
分解しようとするがネジ穴が2箇所潰れて分解不可。
安いから仕方ないか・・・日本のナイフショップで2600円でした。
※ KERSHAWは貝印なのでブレードにKAIマークが入ってます。

posted by morikatu at 10:17| 東京 ☔| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

ハイキングナイフのサイズ選び

A&Fハイキングイベントを担当することになって「やっぱA&Fといえばナイフだよなぁ〜」と思い、アウトドアナイフは得意じゃないけどナイフ紹介を入れると意外と参加者の評判が良い。
他のイベントでもナイフ紹介を入れるとやはり評判が良い。
話を聞いてみると野外でナイフは重要なアイテムだという認識はあるが
何をどこで買って良いのか情報が全くないらしい。
オピネルも何番を買って良いのか分からないとの事。
サイズは得意なのでよく使うナイフをサイズごとに並べてみました。
1506knifesize.jpg
上から8インチオーバー、だいたい8.5インチ(216ミリ)
フォールディングナイフの標準的大きさで、大体の事は出来ますが
ハイキングにはデカイし、重量もソコソコあります。
作業多めで余裕がある時オンリー(ほとんどコレクション用)
6.5インチ(165ミリ)がボクのハイキングナイフ。
ボクの手の大きさだと指4本でグリップできる最小サイズ。
ハンドルに余裕がほしい時は7インチを持って行ったりしています。
一番下の2本が6インチ(152ミリ)
このサイズになると3本指グリップ、作業はしない時や荷物を軽くしたい時に選んでます。
↓こんな風に使ってます、


アウトドアナイフじゃなくて写真のように今風ナイフが好き
日本には情報が少ないので、海外のYouTubeで情報は集めてます。
ちょうどBLADE SHOW 2015の情報が上がってきている最中
LionSTEELとspydercoの新作が良いなぁ〜
↓この方なんかは趣味が似てる。
posted by morikatu at 11:11| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

Victorinox:ペティーナイフ(宴会登山用)

1012vicnight1.jpg
軽くて良く切れるアウトドア向きです。
誰でも見てナイフと分かるので安全、色も注意を惹く色を選んでいます。
早速色々な物を切ってみました。
1012vicnight2.jpg
フランスパンもサクッとです。
大きさはこのくらい、ハンドル形状はもちやすい。
1012vicnight3.jpg
ビクトリノックスからパーリングナイフケースが出てました。
ポリプロピレン製でこちらも軽量。
1312vicnaife1.jpg
ペティーナイフを入れる時は先端を補強しないと突き破ります。
東急ハンズで革の端材を買ってきて補強しました。

posted by morikatu at 05:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

モーラナイフ用のカスタムシース

こんなの見つけました。
1505mora.jpg
Grizzly Outdoors
のモーラナイフ用カスタムネックナイフシース
メタルマッチやLEDライトが装着されてます。
カイデックスのiPhoneケースなどを探している時に発見!
iPhoneケースはありませんでしたが、ALTOIDSのシース拡張パーツなんてありました。
↓bicライターのカイデックスケースでも作ろうかな・・・
https://www.youtube.com/watch?v=5Hg5is0zS18
posted by morikatu at 03:31| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

ナイフの選び方(自己流)

週末も山でナイフを使う機会があり、やはり相談されました。
イベントでも「オピネル買いたいがどれを買っていいのか分からない」等
情報があまりにないらしい、たしかに最近見た記憶が無い。
自己流の家やハイキングで役に立つナイフの選び方です。
といっても、昔教えてもらった事のうろ覚え情報
1504Knifeerabi.jpg
簡単です。全長は手の平の大きさ
僕の場合は6.5インチ
1504Knifeerabi2.jpg
ブレードの長さは人差し指に合わせる。
僕の場合は2.8インチ ※ナイフはインチ表記が多いのでインチで覚えてます。
1504Knifeerabi3.jpg
すると大きくもなく小さすぎることもない、なにかと使いやすいナイフ
この大きさだと周りに不安感を与えることもない。
アメリカだとEDCナイフやポケットナイフと呼ばれる類
家では机の上に置いていて、お菓子の袋を開けるのが一番の用途です。
調味料の袋や宅急便などの開封などもこのサイズが使いやすい。
家で使ってると山で不注意で怪我することも減る。
山での用途も家とほぼ同じ、宅急便の代わりに食材を切るくらい。
いざとなったら小さい木くらいは割ることができる。
↓CRKTのドリフターも全長は同じ、ブレードがちょっと長い
https://www.youtube.com/watch?v=ET5cVgW4Hz4
ブレード形状とかも色々とあるようですが、見た目で買ってます。
posted by morikatu at 09:22| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする