2017年04月06日

ファイヤースターターは、マグネシウムなのかフェロセリウム?

メタルマッチを「マグネシウム」と勘違いしている人が多い。
U.S.軍スタイルメタルマッチは、「マグネシウム」部分が大半を占めているので仕方ない。
1704_magne2_.jpg
上の黒く細い部分が「フェロセリウム」で
下の銀色部分が「マグネシウム」
使い方は、マグネシウムを大量に削り、その上にフェロセリウムで火花を飛ばすと
マグネシウムが反応し、強烈に熱を発して燃えます。
1704_magne_.jpg
今メジャーのスウェーデン軍スタイルは、「フェロセリウム」だけでできています。
燃え上がる「マグネシウム」が無いのでコツが必要ですが、慣れるとシンプル。
個人的には薪に直接はせず、綿などを使うため、ライトマイファイヤーのフェロセリウムが一番使いやすい。他のフェロセリウムとは意外と違います。ストーブに使うことが多いハイカーなら、小さな動作で火花が出るライトマイファイヤーがちょっと高いですが一番だと思う。
薪に直接火を付けるような使い方は、大きければ大きいほど良い。
最近は怪物のような物も販売しています。

posted by morikatu at 07:07| 東京 ☁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする