2017年01月03日

Spyderco:セージ5

1701_sagefive_.jpg
昨年のナンバーワンに選んだのはこのセージシリーズ5番目モデル。
リーフシェイプの使いやすい形状に、大人気のコンプレッションロックを採用。
操作性は抜群で文句なし! しかもカーボンハンドルで見た目もよし。
全長は7.17インチで重さは88グラム。
カタログでは102ページのジェントルマンナイフコーナーで紹介されています。
1701_sagefive2_.jpg
コンプレッションロックは背中側にロックがあり、操作性がとても良い。
ポケットクリップもワイヤータイプでディープ型を採用。
ハンドルはG10の表面にカーボンファイバーを貼り付けたオシャレなモデル。
強度重視のモデルではなく、使いやすさ重視。
フォールディングナイフは種類が多く、自分の用途に合わせて選ぶ必要がある。
カタログも用途別に数多くのモデルが載っています。
ボクの使い方は家でダンボールとペットボトルのラベル剥がしと果物カット。
山では、タープ設営用ヒモや、果物を切ったり、ストーブを安定させる穴を掘ったり
焚き付けやペグ作ったりするくらいなので、使いやすさ重視モデルで問題なし。
1701_sagefive3_.jpg
上が、同じSpydercoのど定番モデル「パラミリタリー2」より
ひと回り小さく、扱いやすいモデル。
↓年末発売されナイフガイ熱狂中の「パラ3」とほぼ同じ大きさ。
↓「パラ3」と「セージ5」はほぼ同じですが、ブレードが厚く、より雑に使えるモデル。

関連記事
最初はど定番のSpyderco:Delica4がオススメ。
安いのが良い時はSPYDERCO:Persistence 若干重め。
世界的にど定番ですが若干大きいSpyderco:Para Military2

posted by morikatu at 12:31| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする