2017年03月01日

最初の一本は、ド定番 Spyderco:Delica4(デリカ 日本製)

最初の一本にどれが良いかと聞かれたら、このデリカを紹介しています。
理由は、登山だとメイン用途の食材カットがやりやすいブレードの厚みと軽さ。
デリカを使って「もっと丈夫な物」「もっと使いやすい物」「もっと美しい物」と考えを広げられます。
1610_drika_.jpg
登山ブームが来る少し前は、登山用品店で普通に売られていたデリカ。
数種類がありますが、これは定番のVG-10を使ったフルフラットモデル。
ブレード長は2.5インチくらい(Mサイズ人差し指が3インチ)。刃厚は2.5mm。先端が少しだけシープフットと使いやすさ重視の形状。重さも66gしかない。
ハンドルは薄いながら、ステンレスのライナーが入っています。
1610_drika2_.jpg
手の小さいボクでも「ちょっと薄すぎかなぁ〜」と思うくらいコンパクト
ロックはセンターロック(ロックバック)
ポケットクリップも付いています。
1610_drika3_.jpg
このモデルは刃物の町関市で作っている日本製!
アフターサービスもしっかりしていて、日本では最初の一本に最適なド定番モデル。
米ナイフニュースでやっていた、ポケットナイフの人気投票で4位
1609_drica2_.jpg
日本のハイカーの8割がオピネルとVICTORINOX。
オピネルを使いやすく、丈夫にしたようなモデルです。

posted by morikatu at 03:00| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする