2016年12月24日

CASE:ソッドバスタージュニア(ナイフ)

1604_casesod_.jpg
アメリカ最古のナイフメーカーケース社のソッドバスタージュニア
OPINELがフランスの定番だったら、CASEはアメリカの定番
ソッドバスターは開拓農民の意味だったと記憶。
1604_casesod2_.jpg
2.5インチブレードは若干ホローグラインドのステンレス
ブレードの形状からのハンドルまでの流れや
真鍮パーツから紺色の樹脂ハンドルのカラーリングも美しい。
1604_casesod3_.jpg
2.5インチはリンゴ等果物のカットにも丁度良い長さ。
難点は、ネイルマークでの開閉が固いスリップジョイントロック。
ゆるいハイキングの時に持っていったりしてます。
1604_casesod4_.jpg
↓正規代理店のケースナイフの説明
CASE(ケース)ナイフ ワーキングナイフ ソッドバスタージュニア
posted by morikatu at 21:42| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする