2016年02月09日

Olight:S1 Baton( Copper モデル)

買ってしまった。銅製のフラッシュライト。5000個限定らしい。
1602_sibaton_.jpg
最大500ルーメン、小さく短い。下のNITECORE:EA1が大きく見えるほど
使用電池はCR123かRCR123A(16340)
性能よりもデザイン重視で買いました。
十円玉と同じ銅製ですので、ほっとくと茶色になります。
磨く手間が掛かる道具です。そこが楽しい。
1602_sibaton2_.jpg
もともとアクセサリーデザインをやっていたので、磨くのは得意!
わざとムラを入れながら、磨き上げています。
まだ買ったばかりなので濃淡が弱い。

後ろにマグネットがあり、金属面にくっつけられます。(邪魔だと外している人も多い)
モード切替は、ついた状態からボタンの長押しで調整。(ちょっと面倒)
消えた状態からダブルクリックで最大の明かり(ついた状態からもできれば良かったのに)
ついた状態からダブルクリックでタイマーモード(どう使って良いのやら?)
ついた状態からトリプルクリックは点滅モード
消えた状態から長押しで0.5ルーメンは、25日間つく。

色々と調べましたが、ロックモードが見つからない。
磁石が入っているからか、電池ボックスを緩めても通電するし困った。
電池は同じオーライトの充電式のRCR123Aを購入!安定してます。
posted by morikatu at 09:20| 東京 ☀| ハンドライト・フラッシュライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする