2016年03月04日

低山小道具研究:山文具

今まで山で使っていた文房具は
1603_bungu_.jpg
1.水性赤サインペン:書きやすく、見やすいが、水ににじみ、キャップ式はよく落とす
2.ノック式シャーピーペン:書きやすいが少し大きい、価格も高い。
3.朱藍鉛筆:色々と便利だし、落としても自然に戻るが、携帯に難あり
4.そこで東急ハンズの文具売り場で見つけたのが、HI-TEC-Cのスリムノック
  手帳用で携帯しやすく、書きやすいが、水ににじむが悪くは無い。
1603_bungu2_.jpg
KEYBAKにハンズで購入したクリップを取り付けています。
地図はコンビニコピーして、必要な場所だけ出してクリップ。
肩口に付けているので、いつでも地図の確認とメモ書き(地図に直)ができます。

↓KEYBAKはA&Fで買えます。イベントで紹介すると隠れた人気アイテム。
posted by morikatu at 20:36| 東京 🌁| 低山小道具研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする