2015年12月15日

低山小道具研究:トレッキングポールの石突きゴムカバー

付属品扱いのトレッキングポールの石突きゴムカバー
ハイキングしているとよく拾います。
黒くて無くなっても気が付かない事が多いようです。
1512gomuisi.jpg
写真左は、一般的なゴムカバー
黒く、全体的に丸く、日本の山だと滑る感じがする。
先端がゴムの塊でけっこう重い。付けると振りのバランスが崩れる。
写真中は、十数年使っている赤で目立ち、先端が平たく滑りにくいゴムカバー
しかも軽量で、振りをあまり邪魔しないので、山に行くときはいつもこれを使用しています。
写真右は、EVERNEWの平たいゴムカバー
滑りにくそうですが、若干細めで一般的なポールには若干キツイ。
もっと滑りにくくて、目立ち、軽量なゴムカバーがあっても良いと思う。
1512gomuisi2.jpg
ナイトハイクに行った時にポールを置き忘れないように蓄光キーホルダーを装着。
ポールの目印になったのはもちろん、ゴムカバーのホルダーにもなりました。
冬は取り外すことが多くなるので、このまま付けて様子を見ます。
posted by morikatu at 12:05| 東京 ☁| 低山小道具研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする