2015年11月10日

焚き火台・ウッドストーブいろいろ

焚き火台・ウッドストーブの写真が溜まったので載せます。
大きく分けて、オープン型とクローズ型の2タイプあり
クローズはあくまでもストーブとして、オープンは焚き火台として火を楽しむことができる。
1511takibidai.jpg
ボクはEmberlit UL Titanium、クローズ型で煙突効果で火力あり
完全に調理用として使ってます。
この火力で12時間連続焚き火しましたが全然平気、ただのチタンの板なので当然ですが
1511takibidai2.jpg
左がSOLA TITANIUM GEAR、右がピコグリル
SOLAはオープンで焚き火を楽しめる、ピコグリルは半分クローズです。
ピコグリルはバランスが良いと評判が高い。
1511takibidai5.jpg
左がソロストーブ系ウッドガスストーブ、右が雑誌fam(ファム)付録
勇者が居ました。ファム付録でも炭ができれば調理は可能!
1511takibidai4.jpg
VARGOのヘキサゴンとファイヤーボックスグリル
ヘキサゴンがクローズ型で、ファイヤーボックスグリルがオープン型です。
posted by morikatu at 11:16| 東京 🌁| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする