2016年07月28日

時計のウレタンバンドに方位磁石を取り付ける。

スポーツウォッチのウレタンバンドは幅が広すぎてベルトコンパスが取り付けられない。
ウレタンバンドはカッターで簡単に削れるため、削って取り付けることも可能です。
1509SUUNTO.jpg
取り付けたい位置をカッターで適当に削っただけ!
深い切り込みを入れると、そこから千切れるかもしれないのでちょっとずつ削る。
ストラップパーツがあることに気付くまではこのベルトを使っていました。
1509SUUNTO2.jpg
東京磁石のこのタイプのウォッチバンドコンパスはサイドが開くので
簡単に脱着できます。他のウォッチバンドコンパスだとサイズは開かないので要注意!
この位置にコンパスを取り付けるとSUUNTOのロゴが剥げない利点もあり。
1509SUUNTO3.jpg
サイドが開くのでキーホルダーにも取り付けています。
キーホルダーはKEYBAK:セキュアーキー
ちなみに取り付けたままの状態では鉄に反応し使えません、使う時は外して使う。
時計の純正ウレタンバンドもAmazonでだいたい買えます。

posted by morikatu at 19:11| 東京 ☀| コンパス・地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする