2014年03月18日

LEATHERMAN:サイドキック(入門モデル)

1508Sidekick.jpg
LEATHERMANの入門モデルの「サイドキック」でしたが価格が上がり現在1万円
ハサミが欲しい人は「ウィングマン」が人気。
プライヤーにはスプリングが入ってます。全体的に動きは渋め。
作りは「シグナル」の方が数段上で、使っていて楽しい。
1508Sidekick2.jpg
ブレードは比べているナイフも小型のポケットナイフだけど、それよりも小さいです。
ナイフメインにはちょっと心もとない感じ。
1508Sidekick3.jpg
プライヤー部分も山ではあると便利だけど、無くても良いかなぁ〜とも思います。
ボクの場合はやっぱりナイフがメインなのでコレ持つならちょっとごついナイフにする。
よく使うゴツイZT 0620CFで178g、もちろんナイフのみ
コレは198gでマルチツール、でもボクはナイフかな
1703_sidekick_.jpg
使っていると自分に必要な要素が分かってくるのでファーストマルチツールとしてはオススメ
買った時は5千円でした。
関連記事
軽くて必要十分、LEATHERMAN:スケルツールCX(カーボンモデル)
サバイバル仕様のLEATHERMAN シグナル
普段はこのマルチツールVICTORINOX:ファーマー
料理ハイキングの時はこのマルチツールVICTORINOXレンジャーウッド55

posted by morikatu at 06:59| 東京 ☁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする