2015年07月14日

リストバンドコンパスの種類:低山小道具研究

難しいコンパスはよく分かりませんが、リストバンドコンパスには詳しいです。
1507ristcompass.jpg
上からSUUNTOのクリッパー、白いベゼルがSUNのゴーコンパス
その下もSUNで、一番下の赤いベゼルが東京磁石のメタリックリストコンパス
リストコンパス選びのポイントは、ベルト通しの形状とコンパスの出っ張り。
1507ristcompass2.jpg
1,SUUNTOは全体的にかなり薄く、立体的なベルトには装着が厳しい
出っ張りも少なくNATO軍タイプベルトとの相性は抜群です。
2,写真右のSUNは固いプラスチック製で、広がらない
ベロクロタイプのアウトドアウォッチバンドとの相性は抜群です。
NATO軍タイプとは高さがゆるゆる、ゴムボンドでずれないように工夫が必要。
1507ristcompass3.jpg
一番使いやすいは東京磁石。
柔らかい素材でしかもサイドから開くようになってます。
この辺の作りこみがさすがの日本製
ウォッチバンドだけではなく幅が合えば様々な場所に取り付けることが出来ます。
バックパックのチェストストラップとかオススメです。
ただカプセル部分が高く、薄手の時計とはデザイン的な相性がイマイチ
1507ristcompass4.jpg
町中でも方角を確認しながら歩くと楽しいです。
時計にも、普段持ち歩きセットにもウォッチバンドコンパスを忍び込ませてます。

posted by morikatu at 07:43| 東京 ☀| 低山小道具研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする