BE-PAL発売!特集は「焚き火とナイフは人生の友」

1612_bepalkni_.jpg
思い切ったタイトルのBE-PALが出ました!
付録はコールマンランタン型のLEDライト。
ナイフは少なめですが、斧・ナタ・ノコギリなどの刃物が多め
1612_bepalkn2i_.jpg
いつもの感じですが、出てます。
BE-PALには異質のセットですが、アクセントと思って下さい。
気になったのはこのパルパーク計画。
1612_bepalkn3i_.jpg
隕石が墜落したイメージのプレイパーク。
秘密基地大好きなボクとしては廃材が欲しい所。
キンドル版は500円

posted by morikatu at 11:26| 東京 ☀| アウトドア・スポーツ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

STANLEY(スタンレー)ショットグラスセット

ソトソトデイズのイベントで安かったので購入!
1612_STANLEYshot_.jpg
気になっている人も多いハズのショットグラスセット。
容器は別に使えそうと思い購入しましたが、まだ何を入れるか決めてない。
結局はグラスケースとして使うのかな…。
寒くなり山でウィスキーが美味しい季節です。

sotosotodays.gif   NT_w200.gif
posted by morikatu at 19:21| 東京 ☀| カップ・コップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAAGO WORKS:自由過ぎる自在「シュリケン」

1612_shyuri_.jpg
PAAGO WORKSからどんな使い方でもできる“自在”が出ました。
その名も『SHURIKEN(手裏剣)』
“自在”としてはもちろん、アクセサリーを引っ掛けるフックとしても使えるとのこと。
↓オフィシャルの紹介ページ
1612_shyuri2_.jpg
posted by morikatu at 09:00| 東京 ☀| PAAGO WORKS パーゴワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

丹沢で日帰りの距離を小屋泊ハイキング

1612_koyahaku_.jpg
普段なら日帰りで余裕のコースを、知り合いと山小屋泊りハイキング。
写真は花立山荘(週末のみ営業、宿泊可)からの夕日。ココは朝日も両方キレイに見えるそうです。
小屋泊りなのでこんな時間もフラフラと周りを見ながら歩いていました。
1612_koyahaku3_.jpg
日帰りで余裕のコースですが、小屋に荷揚げの手伝いもあったので荷物は重め。
短いコースでしたが良い運道になりました。
1612_koyahaku2_.jpg



posted by morikatu at 09:26| 東京 ☀| 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

柄なしのフライパン

1612_maxcanttn2_.jpg
男前キャンプで見せてもらった柄なしのフライパン。Amazonで販売中
毎回柄を作るのは面倒ですが、焼き切ったら新しいのを作る感じならありかも?
メーカー名は忘れてしまいましたが、男前キャンプでは
ハンドルがそもそも無いCOCOPANが人気でした。

posted by morikatu at 14:59| 東京 ☀| 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maxpedition:GI水筒ポーチ

1612_maxcanttn_.jpg
重いし邪魔だけど、GI水筒にはポーチが似合う。
このMaxpeditionのGI水筒ポーチは、タイトでデザインが優秀です。
ロゴがなぜか隠れる位置にある。
1512mpgiken2.jpg
カンティーンカップを付けたまま収めることができるので、煤で汚れても気にせず収納可能!
チタンカップにしたら蓋も後ろに収納できるようになりました。
底はメッシュになっていたりとなかなか細かい。
後ろには、モーリー/パルスウェビングベルトが付いています。

posted by morikatu at 09:26| 東京 ☀| 水筒(ボトル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ESEE イズーラ(定番のネックナイフ)

『Mora Eldris』の登場で注目されているネックナイフ。
首に掛けたりしないけど、ネックナイフくらいの大きさが小回りが効き便利だったりします。
ネックナイフはこの『アリさんマークのESEE イズーラ』を持っています。
1612_eseeisura_.jpg
ランドール・アドベンチャー・トレーニングの開発したナイフシリーズ
大きさはほぼカーショウのクライオと同じくらいの小さなナイフ。
どんな物でも研げるようにと柔らかめの1095 Carbon(ROWEN焼き)
キャンプの時にたまに持っていってます。
買った薪は割ってあるのでこの程度のナイフでどうにかなる。
posted by morikatu at 04:32| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

OUTDOOR RESEARCH:CREDO JACKET

もう2012年頃に廃盤になってしまいましたが、ジャケットでフード無しのソフトシェル。
防水シームされ、起毛した裏地で若干厚めで今ならトランスファージャケットが近い。
1112orcredor1.jpg
スリムでタイトなデザイン。ハンドポケットがかなり下に付いている。
フロントのジッパーが大き目で開け閉めが楽です。
このジャケット自体がかなり保温力があるため、中間着を着ると間違いなく暑い。
いつも中はウールのアンダー1枚の上に直か、アンダー2枚の重ね着の上
真冬の低山でよく使っています。

↓今期のトランスファーはなかなか格好良い。
OUTDOOR RESEARCH Ms トランスファーフーデッドジャケット
1612_makitu3_.jpg

posted by morikatu at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | OR:OUTDOOR RESEARCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Emberlit:FireAntにあった薪の組み方。

一人分のコーヒーを入れるのに丁度良いウッドストーブのEmberlit:FireAntですが
手のひらサイズと小さく薪の追加が忙しい!
最初に短い薪を詰め込むとほったらかしで長い時間燃えます。
1612_makitu_.jpg
ノコギリがあるのなら握りこぶし分の長さでカットしてから割ると良い長さ。
詰め込んで、上でほぐした麻ヒモで小さく火を起こすと良い感じで下に燃えていきます。
1612_makitu2_.jpg
最初は若干煙が多いものの、最後はこんな感じで熾状態になります。
以前紹介したGIポットの凹みから薪を投入も組み合わせると
この小ささでも面倒なく湯沸かしができるようになりました。
1612_gipot_.jpg

posted by morikatu at 15:52| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

patagonia:ミアー・フード・キャニスター(473ミリリットル)

patagoniaに行ったらこんなステンレス容器が売ってました。
1612_patamia_.jpg
シングルウォールですが似たような物を2つ持っているので買いませんでしたが
この他にも色々と販売していました。海外のサイトを見るとカップなど色々と出してます。
チェックしにまた行かなきゃ。

手持ちのステンレスキャニスターは
最初に購入したのはklean kanteen:フードキャニスター 16oz(シングルウォール)
蓋までステンレスでずっしりと重い。
最近イベント価格だったので購入したのがSTANLEY: スチールキャニスターセットの小
こちらは蓋が樹脂で軽い!家で作ったスープを持っていき、山で直接温め直してます。
蓋が大きいと保温能力はどうしても低いので、シングルウォールにしてます。
posted by morikatu at 10:53| 東京 ☀| Patagonia:パタゴニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXESQUIN:クナイ(ソフトシェルのゲイター(忍者風)

1506aqqnai.jpg
ソフトシェルのタイトなゲイターです。
泥が強くなってくるとヌカルミゲイターですが、保温メインだとこっちは忍者っぽくてかっこいい。
↓オフィシャルの説明
http://www.axesquin.co.jp/?page_id=252
posted by morikatu at 08:39| 東京 ☀| AXESQUIN アクシーズクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LODGE:シーズンスチール スキレット 8インチ

1612_LODGEflypan_.jpg
家用ですが、男前キャンプに持っていきました。
鉄が薄く、持ち手が長いので、家でもキャンプでも使いやすいフライパン。
火力が小さなファイヤーアントでも肉が焼けました。
1612_LODGEflypan2_.jpg
直径は約20cmでPRIMUSの鍋蓋がちょうど
重さは1.1kgとギリ持っていける重さ。

LODGE ロッジ シーズンスチール スキレット 8インチ
1612_LODGEflypan3_.jpg

posted by morikatu at 00:24| 東京 ☀| 鍋・クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする