ブッシュクラフトエッセンシャルズのEDCBOX Micro Stove

1710_edcbox2_.jpg
福井のサンデーマウンテンに行った時に実物を拝見!
カードサイズのウッドストーブです。
小さすぎて実際に木は忙しいと思う。固形燃料でジャストサイズっぽい

↓楽天でも買えます。

posted by morikatu at 07:42| 東京 ☀| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

今日はエンバーリットの撮影へ

1710_VARGOFlint6_.jpg
BE-PALの表紙効果か?今日はエンバーリットの撮影へ
カメラマンもBE-PALの時と同じ山本さん。
評判が良いらしい。
今回はエンバーリットのファイヤーアントを使ってきました。
1710_VARGOFlint5_.jpg
詳細は来年に3月頃また紹介します。

posted by morikatu at 19:39| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VARGO:チタンのフリントライター

1710_VARGOFlint_.jpg
チタン製のライターのフリント部分のみです。
はっきり言ってチタン好き&ギア好き用。
重さは9.2g
1609_VARGOfrint_.jpg
クリップが付いているのでストーブの収納ケース等に取り付けることができます。
知り合いが、SOTOストーブケースに付けていました。
コーヒー倒して、イグナイターもライターも駄目にした時に役に立ったようです。
↓mountain-products.comのVARGOコーナーで買えます。
1710_VARGOFlint2_.jpg
posted by morikatu at 07:20| 東京 ☔| 焚き火グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

山と渓谷は『高尾山特集』

1710_takaoyamakei_.jpg
山と渓谷が発売されました。特集はまさかの高尾山!!!
高尾山も高尾山を起点に様々な山が紹介されています。
高尾山周辺の地図も付録しています。
1710_takaoyamakei2_.jpg
甲府のSUNDAYで聞いた武田家の話を元に
高尾山から甲州高尾山までを稚児落し経由で行くルートを考え紹介しています。
歴史とウラヤマ探検。ルートもちょっと変わった地名を選び、グネグネとローカルを歩く。
岩殿山が復旧したら歩いてみたい。

posted by morikatu at 19:02| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AkimamaにGoPro 6について書きました。

↓AkimamaにGoPro 6について書きました。
手ぶれ補正が大幅改良! 話題のGoProヒーロー6を購入してみた。1710_gopro_.jpg
ポケットに入れ、この状態で撮影しながらハイキングしても、ブレブレにはなりません。
編集技術をあげないと!
あとHDDを増設しないと!
posted by morikatu at 14:34| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

福井サンデーマウンテンで出張シノギへ

1710_fukuisunday_.jpg
週末は福井県のサンデーマウンテンとAXESQUINの出張シノギに行って来ました。
お店に集合し、15分ほど車で移動し地元の低山へ
たくさん踏み跡があるどこに出るのか分からない変わった山でした。
1710_fukuisunday2_.jpg
川のすぐ脇にあるためなのか、南側斜面なのに、関東の山の北側斜面のような感じ。
事前の地図チェックと全くイメージが違っていたのが面白かった。
知らない山なのにいきなり変な踏み跡をチェックからはじめ
ハンモックやタープの設営方法などを説明してきました。
1710_fukuisunday3_.jpg
サンデーマウンテンはギア館とウェア館に分かれ
ウェア館の入口にはシノギモードでした。
↓楽天ショップが有名です。
posted by morikatu at 20:32| 東京 ☔| 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

Mystery Ranch:クーリー40

1710_coulee_.jpg
やっと出た、ハイキングにピッタリのミステリーランチ。
3ジップで外部ポケットが充実しているモデルです。
40はちょっと大きいですが、日帰りから小屋泊まで万能バックパック。
もちろん3ジップで中身の取り出しも楽!
1710_coulee2_.jpg
ショルダー周りがまた新しくなっています。
幅広で若干薄め、RUSHほどではありませんがしっかりとカーブを描きます。
1710_coulee3_.jpg
RUSHの時にも説明しましたが、SWEETPEAはガタガタ言わずに肩を作れ!ってモデル。
RUSHはだいぶハイキングに寄せたモデル。COULEEはさらに柔らかく、今の荷物が軽くなった現状に寄せてます。
1403mrRushnew5.jpg
メッシュポケットはとても大きくて使いやすい。素材もミルスペックでかなり丈夫とのこと。
不満点はRUSHのお椀型のトップリッドが使いやすかったのに…。
あとカラーが微妙な緑と真っ黒しか無いのが不満。
1710_coulee4_.jpg
適当に詰めてもカッコよく、めんどくさがりには最高のバックです。
↓実際に使っているパッキング映像です。

↓A&Fオンラインストアに在庫あり
MYSTERYRANCH ミステリーランチ クーリー40
1710_coulee5_.jpg




posted by morikatu at 08:18| 東京 🌁| MYSTERY RANCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

PEAKS発売。秋冬発売のウェア特集

1710_PEAKSagura_.jpg
PEAKSが発売されました。
秋冬発売のウェア特集号。
低山専門でテスターとして出させていただいてます。
このアグラスカートはインパクトが凄かった。
1710_PEAKSagura2_.jpg
年末年始は山で山岳会の忘年会や新年会に出くわすことが多いですが
そんな時に役立つアイテムです。
胡座状態で暖かいスカート。上半身を温めるのにも使える。
ダウンパンツよりも快適かも?
1710_PEAKSagura3_.jpg
前ページ最新のウェアが載ってます。

posted by morikatu at 18:52| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刃物を簡単に研げるSpyderco社のトライアングルシャープナー

メインのシャープナーはこれを使ってます。
1710_triangles_.jpg
2角度の固定ですが、垂直にナイフを滑らすだけでナイフを研ぐことができます。
面倒が全く無く、海外ドラマを見ながらでも研げます。
切れれば良いと思っているので両面均等に研げるこのV字シャープナーは便利!
収納もコンパクト。
1710_triangles3_.jpg
問題は価格が高い。現在Amazonで7,700円。42評価で星4.5と高評価。
標準だと中砥と仕上げだけなので、大きく研ぐ時が大変。
ボクはオプションのダイヤモンド(6,000円)と超仕上げを追加しています。
↓角度が合っているなら、ただ滑らすだけで研げます。

ランスキーはこのデラックスセットがあれば、オプション要らないし、もっと研げるが面倒。
posted by morikatu at 08:59| 東京 🌁| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

PAAGO WORKS:RUSH28

1710_RUSH28_.jpg
意外と荷物が入り、最近の低山ハイキングで良く使っています。
荷物を減らせば、ミラーレス一眼と三脚も入る大きさ。
トップのポケットもメッシュで早めの雨対策が必要ですが、中身が分かるのが便利です。
体のかなり上気味にセットされます。背負い心地は完全に最近のベストタイプ。
ちょっとショルダーストラップが短いのが気になる。
1710_RUSH282_.jpg
フロントのポケットも大きくて便利!
本来はボトルやエナジーバーを入れるためですが、財布やメモ帳を入れっぱなし。
GoProやコンデジもココに入れて歩いてます。
サイドのメッシュポケットはペットボトルくらいなら収まります。

↓オフィシャルの紹介ページ
PAAGObaner.gif
posted by morikatu at 09:12| 東京 ☁| トレラン/ウエスト パック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Benchmade:Mini Griptilian(定番のミニナイフ)

フォールディングナイフを悩んでいる人に薦めるのが
日本製で定番のスパイダルコのデリカか、USA製のこのミニグリップテリアン。
1710_gBenchmademinigrip_.jpg
Made in USAでちょっと雑、ハンドルがプラスチック製でイマイチですが
独自のアクシスロックで開け閉めがメチャ楽で使いやすいナイフです。
2016年のナイフ人気投票では、3位にノーマルのグリップテリアン、14位にこのミニグリップテリアンでした。
1710_gBenchmademinigrip2_.jpg
手のひらサイズに小さなナイフですが、鋼材には154CMでタフな仕様
代理店の山秀を見るとイエローやブルーハンドルが展開してました。
2016年モデルからは、G10グリップで鋼材がCPM20CVを使ったモデル展開もあり、2万5千円…。

↑ミニじゃなくてグリップテリアンですが、オフィシャルのカットテスト。

posted by morikatu at 19:16| 東京 ☀| ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はガルヴィの撮影へ

1710_garuveKnife_.jpg
本日はガルヴィの撮影へ、またまたナイフです。
BE-PALでは小さなナイフを紹介しましたが、今回はシチュエーション別に5本ほど紹介しました。
珍しくフィックスも2本ほど。
1710_garuveKnife2_.jpg
シャープナーもトライアングルシャープナーを紹介しました。

posted by morikatu at 18:58| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする